2008年02月27日

萬福軒

今回も、麻婆豆腐を食べる気マンマンである。
というわけで、四川料理店を目指した。
伺ったのは、東区箱崎にある『萬福軒』さんである。

昼食時間を少し遅らせて入店したが、中国の留学生さんらしき先客が数人いた。
席につき、メニューを確認。
定食はかなり種類が多い。
昼は全て580円のようだ(夜は600円)。
「たんたん麺」「チャンポン」といった麺類や、「中華丼」「麻婆豆腐丼」といった丼物の定食も580円。
「エビチリ」「酢豚」「青椒肉絲」「麻婆ナス」の定食も同じ値段であった。
もちろん、「麻婆豆腐」の定食もあったので、迷わず、こちらを注文した。

manpukuken01.jpg

ご飯、漬物、スープ付きである。
麻婆豆腐の量は、多すぎず、少なすぎず、丁度良い。
赤い色で、唐辛子もたくさん見えるが、それほど辛くない。
山椒も控えめのようだ。
そういった刺激はやや影を潜め、スープ、肉、調味料の旨み要素がうまく融合している印象。
素直に美味しさが伝わってくる麻婆豆腐である。

もう一言書いておきたいのは、ご飯について。
これが、つやつやしていて、すごく美味しかった。

今回も四川料理店だったが、前回の『武遊』さんとは方向性が違う麻婆豆腐だった。
やっぱり、麻婆豆腐も奥が深いなあ・・・と実感である。


萬福軒
福岡市東区箱崎3−9−22
営業 11:30〜14:00/18:00〜24:00
posted by てつやん at 11:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 麻婆豆腐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月22日

中華四川料理 武遊

今回は宗像市で中華。
ダイナマイト豚骨さんから教えてもらった、四川料理のお店、『中華四川料理 武遊』さんがすごく気になり、足を運んでみた。

場所はJR赤間駅からそんなに離れていないところ。
ネットで調べて行ったので、大体の場所はわかっていたが、お店自体を発見するのに、ちょっと迷った。

中に入り、壁に貼られたメニューを見ると、麻婆の品々が書いてある。
そして、お昼のメニューの中には、麻婆豆腐のセットが2つあった。
一つは普通の「麻婆豆腐セット」700円で、もう一つは「四川麻婆豆腐セット」750円。
今回は「四川麻婆豆腐セット」の方を注文することにした。

また、他にも、「担々麺」「汁なし担々麺」「酸ラー湯麺」などの麺類や、「麻婆豆腐どん」「麻婆ナスどん」「麻婆チャーハン」などのご飯ものといった、興味深いものもいっぱいだ。

こちらが「四川麻婆豆腐セット」↓。ご飯、スープ、漬物付き。

buyu01.jpg

花椒がたっぷりかかって、いかにも「四川麻婆豆腐」といった感じ。
土鍋に入っているが、土鍋自体は熱くなく、手で触れる。
かなり辛そうに思えるが、何故か食べにくいほどではない。
確かにビリビリと痺れるように辛く、食べ終わった後は、しばらく汗がひかない。
しかし、それよりも肉の旨みが充分感じられて、実に美味しい!
癖になりそうで、また食べたくなる、そんな麻婆豆腐であった。


中華四川料理 武遊HP
福岡県宗像市田久3−2−1
営業 11:30〜14:00/17:00〜22:00
休日 不定休
posted by てつやん at 12:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 麻婆豆腐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月20日

歓迎 蒲田(その2)

久しぶりにダイエーマリナタウン店へ。
となると、食事は『歓迎 蒲田』さんである。
フードコートのお店だけあって、15時や16時でも開いているのがうれしい。

このお店は定食類も種々あるが、気分は麺類だった。
前回は担担麺を食べたので、今回は別の麺を食べてみたい。
そこで、一番試してみたかったのが、「北京汁そば」525円。
メニューの写真では、さっぱりしてそうな麺に見える。

こちらが実際食べた「北京汁そば」↓。メニュー写真通りのものだ。

kamata02.jpg

にんじん、白菜や卵などを、あんでとじたものが、上からかけられている。
麺は細麺で、肉は少なめだ。
渡される時に、店員さんから「最初にかきまぜて食べてください」と教えられた。
言われた通り、かきまぜて食べてみると、やさしく、素直な味だった。
香辛料はあまり入っていない。
やはりあっさりめだが、コクはある。
スープの味を素直に味わえる麺である。

このお店があるせいか、こちらのフードコートは特徴的に感じるし、個人的にも好みである。
他のSCのフードコートもこんな中華屋さんを入れてくれるといいんだけどなー。


歓迎 蒲田
福岡市西区豊浜3−1−10 ショッパーズモールマリナタウン内
営業 10:00〜21:00
posted by てつやん at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の麺類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月18日

煌苑

はじめて那珂川町の中華料理店を訪れた。
お店の名前は『煌苑』さん。
大きな通りから一本裏に入った所にある。
そんな目立たない場所ながら、お昼は車がいっぱい。
ランチタイム終了近くになっても、客が次々と来ていた。

この日注文したのは、「日替ランチ」610円。コーヒー付きなら720円である。
この日のおかずは、「ピリ辛豆腐ととり肝のしょう油炒め」であった。
その他には、「タンメンとミニ丼セット」700円というセットも。
それから、麺類なら、「海鮮タンメン」720円、「チャンポン」540円、「皿うどん」540円など。
丼ものなら、「麻婆丼」580円、「中華丼」530円、「カニ玉丼」610円などがあった。
また、「麻婆豆腐」の単品は630円であった。

そして、こちらがこの日の「日替ランチ」↓。

kouen01.jpg

「とり肝のしょう油炒め」は一見、筑前煮の中華風。
野菜の具は、人参、れんこん、里芋、きぬさやである。
しかし、肉はもちろんレバー。
この肉にタレが非常によく絡み、かなり美味しい。
れんこんもホクホクの食感だった。

また、「ピリ辛豆腐」は最初、麻婆豆腐のことかと思ったが、違った。
これは、エビチリの具のエビが豆腐になった様なものであった。
しかし、これはこれで美味しい。

今回食べてみた感じでは、うまく味をまとめた美味しいお店といった印象。
食べた「日替ランチ」は味・量ともに十分で、610円はかなりお得感が高かった。


煌苑
福岡県筑紫郡那珂川町片縄2−108
営業 月〜土 11:00〜14:30/17:00〜22:00
   日祝日 11:00〜22:00
ラベル:那珂川町 日替
posted by てつやん at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月13日

香林

今回は、県庁周辺にやってきた。
この辺りならば、昼食は『福楼』さんでもよかったが、未体験のお店にも大いに興味をひかれる。
ということで、福楼さんのすぐ近くで、並びにある、『香林』さんで昼食にした。

お店はとても小さい。
そして、ランチタイムのメニューは、日替わりの「麺定食」600円と、「酢豚定食」700円のみである。
「酢豚定食」は水餃子付きである。
「酢豚定食」にしようとすると、今日はもうなくなってしまったとのこと。
特別にだと思うが、ランチタイム以外の一品料理から定食にしてくれるというので、「回鍋肉」の定食をお願いした(700円)。

syanrin01.jpg

回鍋肉はにんにくと味噌の甘さが効いている。
とても美味しいが、肉が小さく、存在感が薄いのが残念。

また、水餃子が3個ついている。
たれにつけないで食べるとのことだが、ちょっと変わった味だった。

店内に小さな案内の紙が置いてあった。
それを読むと、どうもテイクアウトにも力を入れたお店のようだ。
それぞれの品の量はわからないが、結構お得な値段である。
また、それには店主のプロフィールも書いてある。
いろんなホテルでの勤務経験があるようだが、なんと現在は高校の講師でもあるらしい。
なんともユニークなお店である。


香林
福岡市博多区千代4−29−17 エクシード県庁前1F
営業 11:30〜21:00(ランチタイム11:30〜14:00)
posted by てつやん at 12:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 回鍋肉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月09日

東方飯店

今回は、以前から気になっていたお店に行ってみた。
場所は福岡市早良区田村。
お店の名前は『東方飯店』さんである。
店主は吉林省出身らしい。

中に入り、メニューを確認。
「日替わり定食」が650円。
しかし、この日の気分は麺だった。
麺類は、「皿うどん」530円、「炸醤麺」680円、「坦々麺」580円など。
迷ったが、「坦々麺」に決定し、注文した。

touhou01.jpg

まず、近くに運ばれて来ただけで、ゴマの芳しい香りがし、なんとも食欲をそそられる。
具材には、そぼろ肉ではなく、甘い肉片が入っており、あとは青梗菜とネギがある。
麺は細めの麺だ。
スープは、ラー油が効いていて、ピリピリと辛い。
一気に体が熱を帯びる。
なかなか特徴的な坦々麺だと感じた。

去年オープンした、新しいお店である。
これからもファンが増えていく様に、是非頑張ってほしい。


東方飯店
福岡市早良区田村7−17−3
営業 11:00〜23:00
posted by てつやん at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 担担麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月06日

中国料理徳福

この日の昼食は、最初から麻婆豆腐を食べると決めていた。
問題は、はじめて行く店に、それがあるか、である。

伺ったのは、博多区役所横にある『中国料理徳福』さん。
店の入口に定食類のメニューが掲げてあり、麻婆豆腐の定食があることが確認できた。
ホッとひと安心して、中に入る。

中に入ると、いかにも街の小さな中華食堂である。

注文するものは決まっているが、まずはメニューを確認。
飯類としては、「マーボー丼」550円、「中華丼」600円、「トマト玉子丼」600円など。
もちろん炒飯もある(「五目炒飯」、「辛口炒飯」ともに600円)。
麺類は、「マーボー麺」550円、「皿うどん」650円、「坦坦麺セット」600円など。

そして定食は、「日替定食」650円、「八宝菜定食」「酢豚定食」700円、「青椒肉絲定食」800円などで、今回注文した「麻婆豆腐定食」は、うれしいことに「日替定食」と同じ、定食の最低価格650円である。

tokuhuku01.jpg

この麻婆豆腐、量がとにかく多い。
皿に深さがあって、かなりの量入っている。これまでで一番多いかもしれない。
かなりドロっとしていて、味は日本人に合う美味しい味である。
甜麺醤の甘みが強いが、スープがベースとして味を支えているのがわかる。
辛さはあまり無く、ジワっと汗が出る程度。
そして、これがご飯にとても合う!
また、にんにくの茎?を小口切りにしたものが少し入っていて、ゴリっとした歯触りがあって、面白かった。

今回は、甘くて、辛くて、美味しい麻婆豆腐をお腹一杯食べれて、至福のひとときだった。
今度は、「マーボー麺」にチャレンジしてみたい。


中国料理徳福
福岡市博多区博多駅前2丁目10−12−1F−106
営業 11:00〜14:30/17:00〜23:00
posted by てつやん at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 麻婆豆腐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月01日

台湾料理・宝島

今回の昼食は、ウエストコート姪浜の前にある、『台湾料理・宝島』さん。
2年ほど前に一度来て、今回2度目である。
前回何を食べたか、よく思い出せないが、麺類だったような・・・

この日の気分は定食である。
メニューを確認すると、麺や丼ものは数種あるが、昼の定食は2種類だけ。
「宝島定食」のAとBとがある。
ともに、主菜、サラダ、ご飯、漬物、スープ、点心の内容だそうだ。
この日の主菜は、Aが「トマトと白菜の卵炒め」でBが「ハブ野菜レイシと鶏肉の唐辛子風味炒め」。
やはり少しは肉が食べたいと思い、「宝島定食B」590円に決定。

takarajima01.jpg

主菜はハーブが効いて、いい香り。セロリの香りもよい。
唐辛子風味というだけあって、ピリピリ辛い。
しかし、やわらかなスープの味わいが効いて、丁度いいバランスで美味しい。
ただ、鶏肉が少なめだし、全体的にも量が少ないのが残念。
ところで、「レイシ」というのが不明だった。
きのこの「レイシ」か、ライチのことか・・・
どちらにしても見当たらなかったような・・・
店員さんに聞けばよかったな〜。

点心はカニシューマイ。
冷凍食品と変わらない味に思えた。
この分、主菜が多いほうがよかったかも。

スープは、コーンと卵のスープ。
コーンの味は強くないが、風味が効いている。

量はちょっと足りなかったが、値段は良心価格である。
台湾料理は面白いし、また色々と試してみたいものだ。


台湾料理・宝島
福岡市西区姪浜駅南1−7−20
営業 平日:11:30〜14:30/18:00〜23:00
   土日祝:11:30〜23:30
定休日 月曜日
posted by てつやん at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。