2008年09月30日

一丁:担担麺

今回は担担麺を食べた。スープの入った担担麺は久しぶりのような気がする。
訪れたお店は、親富孝通り北側にある『四川料理 一丁』さんである。

店内はこぎれいで、カウンターとテーブル席がある。
テーブル上のメニューを確認すると、かなり魅力的な品揃えだ。
定食は750〜800円となっている。
「麻婆豆腐」(「激辛」と書き添えてある)や「青椒肉糸」「回鍋肉」などが750円。
800円の「魚香回糸」というのも写真では美味しそうだ。
麺では、「中辛」と書き添えてある「担担麺」が650円。
「麻婆麺」(激辛)、「炸醤麺」は680円となっていた。

こちらが今回注文した「担担麺」↓。

isshin01.jpg

具は挽肉、ネギ、レタスとシンプルな印象。
つやつやした挽肉がいい感じだ。
自分好みの細麺は、すぐのびそうだが、ぺろりといける。
「中辛」とのことだが、ピリピリ、ジワっと、確かに辛い。
挽肉の味とスープが相まって、正に辛ウマである。
スープを最後まで残さず飲んでしまった。

こちらのお店も、本格派な四川料理のお店のようだ。
今度は「激辛」の麻婆豆腐を是非食べてみたい。


四川料理 一丁
福岡市中央区舞鶴1−6−28 エステートモア天神クラブ1F
営業 11:00〜15:00/17:30〜24:00
休日なし
posted by てつやん at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 担担麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月25日

大名華風:皿うどん

ちょうど1年ぶりに『大名華風』さんで昼食。
今回も遅い時間の昼食となってしまった。

前回はスペシャルランチ880円だったが、今回は麺を食べたい気分。
麺類は何種類かラインナップされていたが、迷ったのは「担々麺」750円(ランチタイムは680円)か「皿うどん」780円。
しかし、最終的にあまり辛いものを食べたい気分にならず、「皿うどん」を選んだ。

daimyokahuu03.jpg

しっかりした味で、旨味充分。
このスープの味が麺や具に沁み込んで、なんとも美味しい。
具はエビやイカといった海のものから、豚肉、練り物に野菜と種類も多い。
780円と少々高かったけど、皿うどんの美味しさを再認識できた。


大名華風
福岡市中央区大名1−8−22
営業 11:30〜22:00
posted by てつやん at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 皿うどん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月18日

同福居:麻婆豆腐

慢性蕁麻疹の薬のせいか、眠くて体がだるい。
何か美味しいものを食べて、すっきりしたいところだ。

今回は福岡市東区馬出の九大病院東門前にある、『同福居』さんで昼食。

店に入ると、カウンター6席とテーブルが2つ。
こちらも小さな中華屋さんだ。

さて、メニューはというと、定食では「マーボ豆腐」650円、「酢豚」730円、「豚肉と野菜炒め」650円、「牛肉と野菜炒め」800円など。
麺類では、「四川坦々麺」650円、「マーボ麺」600円、「酸辣湯麺」690円などがあり、丼物では、「マーボ丼」600円、「トマト玉子丼」600円がある。
お腹はへっているし、どれも食べたくて、正直迷う。
迷ったが、結局「マーボ丼」を注文してみた。

しかし、運ばれてきたのは丼ではなく、見るからに「マーボ豆腐定食」であった。
こちらの言ったことがうまく伝わってなかったようだ・・・。
だが、これでもよかったので、何も言わず食べてみた。

douhuku01.jpg

鉄鍋と赤い色合いから、辛そうに思えるが、実際結構辛い。
表面的にピリピリした辛さが目立つが、底からかき混ぜると、複数の香辛料・調味料の味が出現してきて美味しくなる。
これは日本の家庭の味と対極にある麻婆豆腐だと思った。
経験がないのでわからないが、本場ではこんな味なのかもしれない。

食べ終わると汗が噴き出し、だるかった体もすっきりし、仕事に向かうことができた。


同福居
福岡市東区馬出2丁目
posted by てつやん at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 麻婆豆腐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月11日

宝京楼:麻婆豆腐

西新の『宝京楼』さんで昼食をとった。
以前来た時に、「麻婆豆腐」の写真が美味しそうだったので、今回はそれが目当てである。

お店に着くと、この日の「日替わり」は「玉子と野菜の炒め物」とのこと。
これよりはやはり「麻婆豆腐」がいい。
迷わず、「麻婆豆腐」の定食730円を注文。
待っている間に、麺類にどんなものがあるかを確認すると、「担々麺」750円、「皿うどん」750円などがあった。
たまたまかもしれないが、「皿うどん」など麺類を注文する人も多かった。

houjinrou03.jpg

実際、来た「麻婆豆腐」を見ると、写真とは少し印象が違っていた。
(定食用と一品料理用の器の違いのせいかな?)
しかし、食べてみると、味に深みがあって、面白い。
それでいて、さっぱりした「麻婆豆腐」に思える。
豆板醤とラー油の辛味と、スープの味が前面に出ている。
量が少ないかもと思ったが、少し深さのあるお皿に入っていたので、もの足りないことはなかった。

他の人が食べていた「皿うどん」も美味しそうだったので、次回は「皿うどん」にしてみよう。


宝京楼
福岡市早良区西新4−7−10
営業 11:00〜14:30/17:30〜22:30
posted by てつやん at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 麻婆豆腐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月02日

頤和園:麻婆豆腐

ここのところ麺類が続いたので、麻婆豆腐が食べたくなった。
ネットで下調べして訪れたのは、博多駅前2丁目の大博多ビル12階にある『CHINA GARDEN 頤和園』さん。
ランチで麻婆豆腐があるようだ。

入店は13時半過ぎ。
だけど、お客さんはまだ多い。
席に案内され、ちらりとメニューを確認したが、心は決まっていたので、定食の「麻婆豆腐」780円を注文。
ちなみにお昼の定食は780円のものと980円のものがあり、メイン料理の内容の差のようだ。
他にも「麻婆湯麺」780円、「四川担担麺」850円、「炸醤麺」800円、「麻婆チャーハン」850円など、ちょっと高めだが、なかなか魅力的なラインナップだ。

こちらが注文した「麻婆豆腐」の定食↓。

iwaen01.jpg

こちらも食べる前から期待が高まる麻婆豆腐だ。
豆腐の量が多めで、まさに豆腐料理を食べているという実感がする。
味もなかなかいい。
見た目の通り、ラー油のピリピリした辛さが強い。
しかし、全体的な美味しさを引き立てている感じの辛さである。

こちらは高いところに位置するので、遠くの山が見えて、景色も楽しめる。
お客さんも多く、活気のあるお店であった。


CHINA GARDEN 頤和園 大博多ビル店
福岡市博多区博多駅前2丁目20-1 大博多ビル12階
営業 11:30〜14:30(L.O.14:00)/17:00〜22:30(L.O.21:30)
                   金曜日のみ17:00〜23:00(L.O.22:30)
年中無休
posted by てつやん at 10:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 麻婆豆腐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。