2009年03月23日

中華料理 縁:回鍋肉

地下鉄の定期が切れて、車で出かけた。
お昼の時間に東区を走っていて、中華屋さんに寄ってみた。
場所は東区貝塚辺りで、『秀蘭』さんというお店があったはずである。

2度ほど足を向けていたのだが、定休日だったり、時間が遅すぎたりで、今まで利用していなかったお店だ。
お店の前に行くと、少し様子が違うように感じた。
よく見ると、お店の名前が違うようだ。
中華料理 縁』と書いてある。
お店が変わってしまったようだ。
いづれにしても中華だし、入ってみた。

定食類がなかなか豊富で安価だ。
「マーボー豆腐定食」は600円。
「回鍋肉定食」650円、「チンジャオロース」700円などもある。
「坦々面定食」は小ご飯、焼餃子5個、サラダがついて750円。
「酸っぱくて辛い湯面定食」も同様で750円。
「マーボー丼定食」もあり、焼餃子5個、サラダ、スープがついて650円である。
この日は回鍋肉が食べたくて、「回鍋肉定食」を注文した。

en01.jpg

ワンプレートに収まった定食である。
量も味もバランスがとれていて、辛くないタイプの回鍋肉だ。
一番の特色は豚肉で、ラーメンのチャーシューに使われるようなお肉が使用してある。
こういうのは初めてだが、柔らかくて、よく味がついていて、美味しかった。

何より安いので、また来てしまうだろう。
次回はマーボーか坦々面を食べてみたい。


中華料理 縁
福岡市東区箱崎5−11−10−7
posted by てつやん at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 回鍋肉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。