2009年10月20日

張子房:担担麺

散髪と通院の用事があり、少し長めのお出かけ。
昼食時にフリータイムが出来たので、ちょっと中華屋さんに寄ってみた。
中央区警固にある、『張子房』という初めて訪れるお店。
フラフラ歩いてて偶然見つけたのだが、お店の名前にも惹かれて入ってみた。

ランチタイム(11:30〜15:00)のメニューは麺類中心。
「五目汁そば」、「坦々麺」、「チャンポン」、「海鮮汁そば」、「パリパリ焼そば」とある。
「坦々麺」(単品680円)にしようとすぐに決めたのだが、半チャーハンとのセットで700円だったので、セットで注文した。

choshibo01.jpg

表面的にはラー油の赤みが目立つ担担麺。
しかし、食べてみると、それほどラー油の辛さは気にならず、マイルドで味わい深い。
派手さはないが、なかなか美味しい。
細めの縮れ麺も自分好みで、汁まで全部食べてしまった。

チャーハンも地味だが、しっかりと味がしていて、しつこくなく、好感のもてる味だった。

案の定、食べ終わると汗がふきだしてきたが、心地良さが残った。


張子房
福岡市中央区警固2丁目18‐17
posted by てつやん at 09:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 担担麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。