2008年09月18日

同福居:麻婆豆腐

慢性蕁麻疹の薬のせいか、眠くて体がだるい。
何か美味しいものを食べて、すっきりしたいところだ。

今回は福岡市東区馬出の九大病院東門前にある、『同福居』さんで昼食。

店に入ると、カウンター6席とテーブルが2つ。
こちらも小さな中華屋さんだ。

さて、メニューはというと、定食では「マーボ豆腐」650円、「酢豚」730円、「豚肉と野菜炒め」650円、「牛肉と野菜炒め」800円など。
麺類では、「四川坦々麺」650円、「マーボ麺」600円、「酸辣湯麺」690円などがあり、丼物では、「マーボ丼」600円、「トマト玉子丼」600円がある。
お腹はへっているし、どれも食べたくて、正直迷う。
迷ったが、結局「マーボ丼」を注文してみた。

しかし、運ばれてきたのは丼ではなく、見るからに「マーボ豆腐定食」であった。
こちらの言ったことがうまく伝わってなかったようだ・・・。
だが、これでもよかったので、何も言わず食べてみた。

douhuku01.jpg

鉄鍋と赤い色合いから、辛そうに思えるが、実際結構辛い。
表面的にピリピリした辛さが目立つが、底からかき混ぜると、複数の香辛料・調味料の味が出現してきて美味しくなる。
これは日本の家庭の味と対極にある麻婆豆腐だと思った。
経験がないのでわからないが、本場ではこんな味なのかもしれない。

食べ終わると汗が噴き出し、だるかった体もすっきりし、仕事に向かうことができた。


同福居
福岡市東区馬出2丁目
posted by てつやん at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 麻婆豆腐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。