2007年07月21日

長喜園

早良区内の住宅街を車で走っていると、微妙にいい味な中華料理店を見つけた。
今日はこちら、『長喜園』さんで昼御飯。

tyoukien1.jpg

店の前には出前のバイクが止まっており、そこからも街の中華料理店の匂いがプンプン。

中に入ると、細長い店内には9名分のカウンター席と、奥に座敷があり2つのテーブルがある。

カウンターに座るとおばさんが水とお茶を持ってきてくれた。

そしてメニューを確認。
一枚のメニュー表には、コースから一品料理、定食物とたくさんの品数の料理が載っている。
昼のメニューもたくさんあり、その中から「マーボードーフ定食」630円を選ぶ。

後ろを見るとマンガ本に新聞とまさに街の中華屋さんの様相。
スポーツ新聞を読んでいるうちにマーボードーフ定食が運ばれてきた。

tyoukien2.jpg

メインの麻婆豆腐以外にも品数一杯。
ご飯、漬物、酢の物、味噌汁、クリームコロッケ、サラダが付いていた。

そして麻婆豆腐はというと、黒くてドロっとしている。
黒い分唐辛子(豆板醤)の量もかなり少なめと思われ、実際食べてみると見た目通り辛くない。
少しピリっとする程度である。
辛くない分甘さが際立つ。
もちろんスープの旨みは十分感じられ、甘くて旨い、懐かしい味の麻婆豆腐なのであった。

辛いのが苦手で、懐かしい味の麻婆豆腐が食べたいという方。
一度ご賞味いかがでしょうか?


長喜園
福岡市早良区南庄2−23
営業 11:00〜21:30(毎週木曜定休日)



posted by てつやん at 10:07| Comment(0) | TrackBack(1) | 麻婆豆腐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

中華調味料の使いどころ
Excerpt: 豆板醤・トウバンジャン 豆板醤はエビのチリソース炒めや麻婆豆腐などの四川料理でよく使われるからし味噌です そら豆と唐辛子などから作られていて、辛味をきかせた野菜炒めを作りたいときに使います 甜麺醤..
Weblog: 必殺!料理の裏技レシピ
Tracked: 2007-07-25 17:42
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。