2007年11月08日

福寿飯店

福寿飯店は老舗の北京料理店だそうだ。
とはいえ、長く福岡に住みながら場所も知らなかったが、今回初めて訪れた。

外観からは中華料理店とはわかりにくいが、サンプルのショーウインドウが老舗を思わせる。

中に入り、案内されてテーブルに座る。
メニューを見て、気になったのがいくつかあったが、この日最も食べたいと思ったのは、「東坡肉(トンポーロウ)麺」850円。
湯麺に豚の角煮がのったものに違いない。
こちらを注文。

fukujuhanten01.jpg

正に思ったとおりのものだったが、その東坡肉が立派。
大きな角煮が3個ものっている。
これが箸で持っただけでくずれてしまうほどやわらかく、そして美味しい。
豚の角煮は大好きなので、幸せ気分である。

他の具には、青梗菜と煮卵。
煮卵もほんのり味付きで美味しく、青梗菜はアクセントにいい。

スープはしっかりと味がついており、東坡肉のたれと相まって、濃い味になっている。

麺は中麺でやや縮れており、硬め。
残念ながら好みのものでないが、こうでないとスープに負けてしまうのかも。

850円は麺としては高めだが、チャーシューメンを食べるのと大差はない。
まして東坡肉が食べれるのだから、意外とお得かも。


福寿飯店
福岡市博多区下川端町10−1
営業 11:30〜21:30(LO20:50)
posted by てつやん at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の麺類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。