2008年01月25日

食遊記

本格的に寒くなってきた。
こんな日には、辛いものを食べて、汗を出し、体を暖めたい。

今回伺ったのは、福岡市中央区大手門にある、『中国酒菜麺房 食遊記』さん。
食べたい第1候補は麻婆豆腐であるが、初めての店で、ランチメニューにあるかはわからない。

店内はすっきり、きれいで、明るい。
ランチメニューには日替わりのランチでAとBがあるが、残念ながらこの日は麻婆豆腐ではない。
ちなみにAは700円で、Bは735円だった。
麻婆豆腐は一品料理にはあるが、定食にはない。
どんぶり物で「マーボー丼」620円があったので、こちらを注文した。

その他のメニューを紹介すると、「回鍋肉膳」が944円。その他酢鶏などの定食もあるが、全体的に高め。
麺類なら、「タンタン麺」683円、「丸鶏醤油ラーメン」473円、「チャンポン」683円、「皿うどん」620円など。
どんぶり物に面白いものが多く、「ビビンバ丼」や「マーボーなすかけオムライス」など、異色のメニューである。

こちらが、注文した「マーボー丼」↓。トマトスープ付きである。

syokuyuuki01.jpg

どんぶりに入って、ボリュームはなかなかである。
香辛料の香りがよく、味はスープの味が前面に出た感じ。
ひき肉は少なめだが、肉片が数切れ入っていた。
辛さは、ピリピリと辛いが、標準的な辛さ。
後で山椒を別皿で持ってきてくれたので、もっと辛くすることもできた。

トマトスープも香りがよく、すっきりとしたスープ。
何故か、頼んでいないのに、おかわりを持って来てくれた。
美味しいスープだったので、うれしい驚きだった。

平日の13:30過ぎに入店するとコーヒーがサービスしてもらえる(普通のランチコーヒーはプラス100円)。
遅い昼食をゆっくり取れるときには、とてもありがたい。

そして何といっても、サービス満点で、明るい店員さんがいい。
居心地のよい、街の中華料理店であった。


中国酒菜麺房 食遊記
福岡市中央区大手門3−7−6
営業 11:00〜15:00/17:30〜23:00(LO22:30)
posted by てつやん at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 麻婆丼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。