2008年02月01日

台湾料理・宝島

今回の昼食は、ウエストコート姪浜の前にある、『台湾料理・宝島』さん。
2年ほど前に一度来て、今回2度目である。
前回何を食べたか、よく思い出せないが、麺類だったような・・・

この日の気分は定食である。
メニューを確認すると、麺や丼ものは数種あるが、昼の定食は2種類だけ。
「宝島定食」のAとBとがある。
ともに、主菜、サラダ、ご飯、漬物、スープ、点心の内容だそうだ。
この日の主菜は、Aが「トマトと白菜の卵炒め」でBが「ハブ野菜レイシと鶏肉の唐辛子風味炒め」。
やはり少しは肉が食べたいと思い、「宝島定食B」590円に決定。

takarajima01.jpg

主菜はハーブが効いて、いい香り。セロリの香りもよい。
唐辛子風味というだけあって、ピリピリ辛い。
しかし、やわらかなスープの味わいが効いて、丁度いいバランスで美味しい。
ただ、鶏肉が少なめだし、全体的にも量が少ないのが残念。
ところで、「レイシ」というのが不明だった。
きのこの「レイシ」か、ライチのことか・・・
どちらにしても見当たらなかったような・・・
店員さんに聞けばよかったな〜。

点心はカニシューマイ。
冷凍食品と変わらない味に思えた。
この分、主菜が多いほうがよかったかも。

スープは、コーンと卵のスープ。
コーンの味は強くないが、風味が効いている。

量はちょっと足りなかったが、値段は良心価格である。
台湾料理は面白いし、また色々と試してみたいものだ。


台湾料理・宝島
福岡市西区姪浜駅南1−7−20
営業 平日:11:30〜14:30/18:00〜23:00
   土日祝:11:30〜23:30
定休日 月曜日
posted by てつやん at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。