2008年03月21日

翡翠園(その2)

久しぶりに『翡翠園』さんで昼食をとった。
前回は「飲茶ランチ」を食べ、かなり美味しかったのを覚えている。
「また来たい!」と、強く思ったお店である。

今回の第一希望は「麻婆豆腐」であった。
入店し、メニューを確認すると、ランチのセットメニューにはなかった。
勿論、一品料理としては存在している。
なので、「麻婆豆腐」は、今度連れがいるときに注文することにした。
ランチメニューでは、「牛肉のオイスターソース炒め」や「エビチリ」、「八宝菜」、「青椒肉絲」などがあるが(750円〜880円)、今回は一番安い「銀芽鶏絲(鶏肉の糸切りともやし炒め)ランチ)680円を選んだ。

こちらがその「銀芽鶏絲ランチ」↓。小鉢、スープ、ご飯、漬物付きである。

hisuien03.jpg

あっさり味のおかずである。
もやしがシャキシャキと瑞々しい。
胡椒などのスパイスは少なめのよう。
スープと素材の味を楽しめる炒め物といったところだ。
全くクセがなく、美味しく食べ終わることができた。

何度も来て、色んな料理を食べてみたい。
ここは、そんなお店の1つである。


翡翠園
福岡市早良区高取2−17−49−2F
営業 11:30〜15:00/17:30〜23:00
posted by てつやん at 11:01| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
食べ歩きお疲れ様です。
ランチがあるところは、一人食べ歩きには
助かりますね。

銀芽ってどういう意味ですかねえ?
炒めたもやし?
Posted by ダイナマイト豚骨 at 2008年03月22日 04:26
こちらこそ、いつもコメントありがたいです!

「銀芽」はどうやら「もやし」のことのようです。
そういえば、「もやし」の存在感が大きかったです。
こういう料理が日替わりでなく、常にランチメニューにラインナップされているという所に、お店の個性が出てるようで、面白いですね。
Posted by てつやん at 2008年03月22日 11:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。