2009年03月13日

福天酒家:麻婆豆腐、酢豚

忙しい一日だったが、地下鉄天神駅近くの中華のお店でお昼ご飯を食べることができた。
お店の名前は『福天酒家』さん。
『八仙閣』系列のお店である。

小さなお店で、カウンターとテーブル席のみ。
カウンターに座ると、目の前にお昼のメニューを置いてくれた。
「サービスランチ」820円というのがあり、一品料理を2種選べるそうだ。
今回は、「麻婆豆腐」と「すぶた」を選択してみた。

「麻婆豆腐」↓

f t syuka01.jpg

「すぶた」↓

f t syuka02.jpg

酢豚はオーソドックスな味で問題なし。
しかし、このお店でも麻婆豆腐のほうが好みだった。
口当たりがよく、一口食べて美味しいと感じられる。
こちらもオーソドックスではあるが、肉の旨みを強く感じられるのが特徴か。
あまり辛くなくて、食べやすかった。

酢豚にしても、麻婆豆腐にしても、尖った所がなく、誰でも美味しく食事が楽しめそうに思えた。


福天酒家HP
福岡市中央区天神1丁目11−17 福岡ビル地下1階
営業 平日 11:00〜21:30
   土曜日 11:00〜21:00
    日・祝 11:00〜20:30
posted by てつやん at 11:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 麻婆豆腐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月18日

チャイナ ダイニング 劉:麻婆豆腐

今回は、今まで足を踏み入れていなかった中央区薬院で昼食をとった。
そのお店は『チャイナ ダイニング 劉』さん。
こじんまりとしているが、感じのいいお店だ。

昼食のメニューは少なめのようだが、どれも高くなく、ラインナップもまずまず。
「マーボ豆腐定食」が600円で、「酢豚定食」が780円。
「日替定食」もあるし、「海鮮チャーハン定食」、「鶏肉の唐揚げ特製黒酢ソース定食」といったものもあり、これらは680円である。
その中で、今回は「マーボ豆腐定食」を注文した。

d_ryu01.jpg

かなりドロっとした麻婆豆腐だ。
味が濃そうに見えるが、食べてみるとそうでもない。
調味料の味より、スープの味が強いタイプである。
山椒もかかっていたが、あまり辛くなかった。

なにより良かったのは、店員さんの笑顔だろう。
気持ちの良い接客で、また来たくなってしまった。


チャイナ ダイニング 劉
福岡市中央区薬院3−15−11
営業 11:00〜14:30/17:30〜1:00(OS24:30)
posted by てつやん at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 麻婆豆腐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月02日

熊猫食堂:麻婆豆腐

自分としては珍しく、2週連続で夜中華となった。
今回訪れたのは、早良区西新の『熊猫食堂』さんである。

入ってすぐにカウンターがあり、一人でも入りやすい。
目の前に置いてあるメニューを確認すると、どれも安い!
一品料理が800円以下である(初めてなので量はわからないが・・・)。
「担々麺」750円や「酸辣湯麺」700円などの麺類に心惹かれたが、やはり「麻婆豆腐」がラインナップされていれば気になってしょうがない。
「麻婆豆腐」600円と「白飯」200円を注文した。

kumaneko01.jpg

ご覧の通りの、とても美味しそうな麻婆豆腐である。
そして、その期待を裏切らない、感激の一品だった。
甘味・辛味・旨みが渾然一体となって、その中に豆腐のやさしさが感じられる。
黒豆が入っているようで、豆鼓醤を使っているのかともと思うが、その存在が特徴的だ。
山椒をたっぷりとふりかけてあって辛いけれども、これぞ麻婆豆腐といった気がする。

この美味しさなら、当然他の料理も食べたくなってくる。
ランチタイムもやっているようだし、また近々行ってしまいそうだ。


熊猫食堂
福岡市早良区西新4丁目4−5
営業 11:30〜14:00/18:00〜24:00
posted by てつやん at 10:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 麻婆豆腐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月14日

台北:麻婆豆腐

体調不良に年末年始と続いたので、間があいてしまったが、久しぶりに中華ランチをとることができた。
用事を済ませた足で向かったお店は、博多区博多駅東2丁目の『台北』さん。
このビルにはかつての仕事でよく出入りしていたのだが、このお店を利用するのは初めてだ。

雪のちらつくこの日のような寒い日には、体が温まるものが食べたい。
入口の案内板に、「日替わり 麻婆豆腐 680円」とあった。
これを見た時点で決定であった。
3人用の席に座り、この「日替わり定食」を注文した。

taipei 01.jpg

一口食べて、刺すような辛さが特徴的だ。
汗はしっかり出てくる。とはいえ、食べにくい辛さではない。
肉の存在感がある。ところどころよく解れていないためだろう。
個人的にはこれでもOKである。
体はよく温まったが、少し残念だったのは、見栄えのためにも、もう少しネギをかけてほしかった。


台湾料理 台北
福岡市博多区博多駅東2丁目5−19 サンライフ第3ビル1F
営業 11:00〜13:30/17:00〜22:30
定休日 日曜日
posted by てつやん at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 麻婆豆腐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月27日

三鼎:麻婆豆腐

映画「レッドクリフ Part1」を観た。
三国志に興味を持っている自分としては必見の映画だったのだが、期待以上に楽しませてもらった。
「Part2」も楽しみである。

その後、三国のうち蜀の地である、四川料理のお店、『三鼎』さんで昼食をとった。

注文したのは、「オリジナルランチ」850円。
主菜を3種類から選ぶことができ、今回は「麻婆豆腐」を選択した。
注文時に「とても辛いですが、よろしいですか?」と聞かれたが、どれほどなのか楽しみだ。

santei02.jpg

土鍋に入っているが、それほど熱くない。
量は少なめだが、山椒がたっぷり入って、確かに辛くて、食べ応えがある。
辛さの中に、甜麺醤や肉の甘味があって、美味しさを感じられる。
しかし、相当な辛さを覚悟していたからか、強烈に辛いとは思わなかった。

それ以上に辛かったのは、副菜の「里芋の辛味炒め」であった。
お店の方に伺うと、四川では、数種類の唐辛子を使い分けているとのこと。
この料理に、ある種の唐辛子が強烈に効いているらしいのだが、見た目では全くわからなかった。
なんだか、四川料理の奥深さを垣間見たような気がした。


三鼎』(ホームページ
福岡市中央区天神4−5−13天神豊ビル1階
営業 11:30〜14:30(OS)/17:30〜22:00(OS)
posted by てつやん at 10:33| Comment(5) | TrackBack(0) | 麻婆豆腐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月11日

好運来:麻婆豆腐

今回は福岡市博多区の四川料理のお店『好運来』さんで昼食。

「日替わり定食」が500円であるようなので、まずこの内容を聞いてみた。
すると、この日は「麻婆豆腐」とのこと。
この日は麻婆豆腐を食べたい気分だったし、ラッキーだ。
即、こちらを注文した。

その後、水を飲みながら昼のメニュー表を見ていると、種類が多くて、安い!
定食がメインで、550円〜680円(夜は100円プラス)の安さ。
「回鍋肉」といったベーシックなものから、「重慶抄手」というあまり見ないものの定食があって、麺の定食も、「担担麺」580円や、「青椒麺」680円などがある。
普通なら580円の「麻婆豆腐」も「冷やし麻婆豆腐」や「あっさり麻婆豆腐」(ともに580円)のバリエーションがあった。
この時点で、すでに、また来ねばなるまいという気になっていた。

こちらが「日替わり定食」の「麻婆豆腐」↓。

koun01.jpg

これぞ麻婆豆腐といった印象。
しっかりと豆板醤と山椒が効いて、刺すような辛さと痺れるような辛さの中に、十分な旨みがある。
豆腐のくずれ具合も、ネギの存在も食欲をそそってくれる。
さすが、四川料理店の麻婆豆腐で、期待を裏切らないものだった。

運良くというか、日替わりで500円の美味しい麻婆豆腐が食べれて、とても満足であった。


好運来
福岡市博多区上呉服町14−27
営業 11:30〜14:30/17:30〜22:30
posted by てつやん at 10:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 麻婆豆腐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月22日

長楽:麻婆豆腐

今回は、福岡市中央区春吉の四川料理のお店『長楽』さんで晩御飯。

遅くまで開いているので、この日のように22時過ぎの食事の場合は本当に助かる。

中央のテーブルに座ると、テーブル上にメニューが置いてあった。
四川料理のお店なので、辛い料理に目が行く。
一番最初のページに、「陳麻婆豆腐」1390円(小は890円)とある。
一人なので、定食はないかと探すと、4、5種類あった。
「麻婆豆腐定食」は900円である。
他に麺類では、「四川担々麺」750円、「汁無担々麺」890円、「陳麻婆麺」980円がある。

「陳麻婆豆腐」が食べたい気がしたが、フトコロ事情により、「麻婆豆腐定食」を注文した。
ただし、お店の人から、「陳麻婆豆腐」とは違いますよと念を押された。
やはり、「陳麻婆豆腐」が一番人気の料理のようだ。

こちらが、「麻婆豆腐定食」↓。

tyouraku01.jpg

平らなお皿に入っているので、一見量が多そうに思うが、一人前として丁度良い量。
濃い目の味付けで、フルーティな甘さを感じる。
辛さは控えめで食べやすく、何とも美味しい。
スタミナがつきそうな麻婆豆腐だ。

普通の「麻婆豆腐」でこの美味しさだから、一番おすすめの「陳麻婆豆腐」はどれほどなんだろう?
次回は絶対「陳麻婆豆腐」を食べてみたい。


長楽
福岡市中央区春吉3−22−12今村ビル1F
営業 18:00〜3:00
不定休
posted by てつやん at 10:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 麻婆豆腐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月15日

紅夢:麻婆豆腐

少し前だが、中央区赤坂の『紅夢』さんで昼食をとった。
以前から、インターネット情報等で、お店の存在だけは知っていたが、見つけきれていなかった。
ようやく、今回周辺を歩いている時に見つけることができた。

幸運にもこの日の「日替わり」は「麻婆豆腐」とのこと。
「担々麺」もメニューにあるようだが、迷わず「日替わり定食」720円を注文した。

hm01.jpg

麻婆豆腐の他に小皿のおかずが2品にスープもある。
それに加えて、サービスで水餃子が2個付いてきた。
かなりのおかずの多さで、嬉しい驚き。
麻婆豆腐は甜面醤、豆板醤はさほどきいてなく、スープと山椒の香りが前面に出ている。
あまり辛さはなくて、それほど後を引かなかった。
小皿の唐揚げもパリッとして、あたたかくて、美味しかった。

今回は、何と言ってもおかずの多さが嬉しい日替わり定食であった。


北京家庭料理 紅夢
福岡市中央区赤坂1−7−25エステートモア赤坂1F
営業 11:30〜14:30/17:30〜23:00(OS 22:30)
posted by てつやん at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 麻婆豆腐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月18日

同福居:麻婆豆腐

慢性蕁麻疹の薬のせいか、眠くて体がだるい。
何か美味しいものを食べて、すっきりしたいところだ。

今回は福岡市東区馬出の九大病院東門前にある、『同福居』さんで昼食。

店に入ると、カウンター6席とテーブルが2つ。
こちらも小さな中華屋さんだ。

さて、メニューはというと、定食では「マーボ豆腐」650円、「酢豚」730円、「豚肉と野菜炒め」650円、「牛肉と野菜炒め」800円など。
麺類では、「四川坦々麺」650円、「マーボ麺」600円、「酸辣湯麺」690円などがあり、丼物では、「マーボ丼」600円、「トマト玉子丼」600円がある。
お腹はへっているし、どれも食べたくて、正直迷う。
迷ったが、結局「マーボ丼」を注文してみた。

しかし、運ばれてきたのは丼ではなく、見るからに「マーボ豆腐定食」であった。
こちらの言ったことがうまく伝わってなかったようだ・・・。
だが、これでもよかったので、何も言わず食べてみた。

douhuku01.jpg

鉄鍋と赤い色合いから、辛そうに思えるが、実際結構辛い。
表面的にピリピリした辛さが目立つが、底からかき混ぜると、複数の香辛料・調味料の味が出現してきて美味しくなる。
これは日本の家庭の味と対極にある麻婆豆腐だと思った。
経験がないのでわからないが、本場ではこんな味なのかもしれない。

食べ終わると汗が噴き出し、だるかった体もすっきりし、仕事に向かうことができた。


同福居
福岡市東区馬出2丁目
posted by てつやん at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 麻婆豆腐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月11日

宝京楼:麻婆豆腐

西新の『宝京楼』さんで昼食をとった。
以前来た時に、「麻婆豆腐」の写真が美味しそうだったので、今回はそれが目当てである。

お店に着くと、この日の「日替わり」は「玉子と野菜の炒め物」とのこと。
これよりはやはり「麻婆豆腐」がいい。
迷わず、「麻婆豆腐」の定食730円を注文。
待っている間に、麺類にどんなものがあるかを確認すると、「担々麺」750円、「皿うどん」750円などがあった。
たまたまかもしれないが、「皿うどん」など麺類を注文する人も多かった。

houjinrou03.jpg

実際、来た「麻婆豆腐」を見ると、写真とは少し印象が違っていた。
(定食用と一品料理用の器の違いのせいかな?)
しかし、食べてみると、味に深みがあって、面白い。
それでいて、さっぱりした「麻婆豆腐」に思える。
豆板醤とラー油の辛味と、スープの味が前面に出ている。
量が少ないかもと思ったが、少し深さのあるお皿に入っていたので、もの足りないことはなかった。

他の人が食べていた「皿うどん」も美味しそうだったので、次回は「皿うどん」にしてみよう。


宝京楼
福岡市早良区西新4−7−10
営業 11:00〜14:30/17:30〜22:30
posted by てつやん at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 麻婆豆腐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月02日

頤和園:麻婆豆腐

ここのところ麺類が続いたので、麻婆豆腐が食べたくなった。
ネットで下調べして訪れたのは、博多駅前2丁目の大博多ビル12階にある『CHINA GARDEN 頤和園』さん。
ランチで麻婆豆腐があるようだ。

入店は13時半過ぎ。
だけど、お客さんはまだ多い。
席に案内され、ちらりとメニューを確認したが、心は決まっていたので、定食の「麻婆豆腐」780円を注文。
ちなみにお昼の定食は780円のものと980円のものがあり、メイン料理の内容の差のようだ。
他にも「麻婆湯麺」780円、「四川担担麺」850円、「炸醤麺」800円、「麻婆チャーハン」850円など、ちょっと高めだが、なかなか魅力的なラインナップだ。

こちらが注文した「麻婆豆腐」の定食↓。

iwaen01.jpg

こちらも食べる前から期待が高まる麻婆豆腐だ。
豆腐の量が多めで、まさに豆腐料理を食べているという実感がする。
味もなかなかいい。
見た目の通り、ラー油のピリピリした辛さが強い。
しかし、全体的な美味しさを引き立てている感じの辛さである。

こちらは高いところに位置するので、遠くの山が見えて、景色も楽しめる。
お客さんも多く、活気のあるお店であった。


CHINA GARDEN 頤和園 大博多ビル店
福岡市博多区博多駅前2丁目20-1 大博多ビル12階
営業 11:30〜14:30(L.O.14:00)/17:00〜22:30(L.O.21:30)
                   金曜日のみ17:00〜23:00(L.O.22:30)
年中無休
posted by てつやん at 10:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 麻婆豆腐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月05日

上海餐室:麻婆豆腐

ガソリン高騰をうけて、ついに自分も車通勤を止めることになった。
今月から地下鉄通勤である。
行動範囲が狭められてしまうが、都心には行きやすくなったとも言える。
これからは、地下鉄沿線を中心に食べ歩いてみたい。

今回は中央区西中州にある、『上海餐室』さんで昼食をとった。

お店に着くと、入口にランチメニューの案内が置いてあった。
「日替わり定食」780円がお得である。
その他いくつか書いてあって、その一番下に「麻婆豆腐定食」830円があり、「大人気」と書き添えてある。
この時点で、この2つのどちらかに心は決まっていた。

店内に入り、再度メニューを確認。
定食は「海老のチリソース煮」、「青椒牛肉絲」、「酢豚」が950円、「鶏の唐揚げ」850円、「蟹と玉子の炒め」830円とある。
また、麺類は740円〜980円。
入った時間が遅くて、この日の「日替わり」の「酢豚」がなくなってしまったとのこと。
であれば、やはり「麻婆豆腐定食」である。

shanghais01.jpg

ご飯、サラダ、スープ、小鉢がついて、ボリューム充分。
そして、この麻婆豆腐はたまらなく美味しい!
お肉や甜面醤、スープの深い甘味とコクがある。
刻んだネギが何とも美味しそうに見せるが、実際食べてもいい味わいを出している。
そんなに辛くもなく、食べやすい。
麻婆豆腐自体の量も充分にあり、「大人気」なのが納得である。

夏真っ盛り。
美味しい麻婆豆腐を食べて、この夏を乗り切れそうな気がした。


上海餐室
福岡市中央区西中洲12番21号KS第2ビル1階
営業 11:30〜14:30/17:30〜23:00
定休日 第1・第3日曜日
posted by てつやん at 09:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 麻婆豆腐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月26日

中華 福福:麻婆豆腐

久しぶりに南区清水にある『中華 福福』さんで昼食。
前回は風邪をひいていて、体調がイマイチの状態だったが、今回は大丈夫。
美味しく麻婆豆腐を食べたいところである。

お店に入ると、笑顔で「いらっしゃいませー!」の声。
マニュアル式でなく、極めて自然な応対にあたたかさを感じる。

前回と同じ席に座り、ひとまずメニューを見る。
麻婆豆腐の定食があることは前に知っていたが、「酢豚定食」750円や「エビマヨ定食」800円、「チンジャオロース定食」900円などもある。
また、この日の「日替わりランチ」600円は「カニ玉」だった。
入店前から決めていたので、迷わず「マーボ豆腐定食」680円を注文した。

fukufuku03.jpg

食べてすぐ美味しいと思える麻婆豆腐である。
玉ねぎが少し入っていて、食べやすくしている感じ。
控えめにショウガの香りもある。
山椒もふりかけてあるが、辛さは気にならず、心地よい痺れ感が残る。
バランスのとれた味の麻婆豆腐で、もっとたくさん食べたかった。

小皿のバンバンジーやサラダも付いて、全体としてもバランスの良い定食だった。


中華 福福
福岡市南区清水1丁目7−30
営業 11:30〜15:00/18:00〜22:00
定休日 第1、第3日曜日
posted by てつやん at 11:27| Comment(4) | TrackBack(0) | 麻婆豆腐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月19日

CHANG:麻婆豆腐

以前、ダイナマイト豚骨さん他に教えていただいた、『CHANG(ちゃん)』というお店に行ってみた。
場所は、南区野間。大池通り沿いのマンションの1階にあるが、あまり目立たず、発見しづらい。
台湾飯店』さんや、『花の木』さんのすぐ近くでもある。

店内は、カウンター10席にテーブルが2つ。
奥には大きな円卓が1つあった。
カウンターに座ると、お昼のメニューが立ててある。
「エビチリセット」800円に、「マーボー豆腐セット」700円。
このセットには、ライス、スープとデザートが付いているそうだ。
また、「担々麺」600円も気になるが、これには小ライスまたはデザートがつく。
メニューの写真は写りがあまりよくないが、「マーボー豆腐」が美味しそうに思われ、「マーボー豆腐セット」を注文することにした。

chang01.jpg

実際、マーボー豆腐が来て見ると、華やかな感じで、期待が膨らむ。
食べてみると、始めはもう少しコクが欲しいと思ったが、食べ進むとそうは思わなくなり、ジワジワと美味しさを感じてきた。
食べ終わると、「ハァー、美味しかった!」と実に幸せな気分になった。
辛さはあまり強くない。
肉がたくさん入っていて、その旨みを味わえるのがいい。
入っている食材、調味料はどれも強く主張しないが、結果としてバランスがとれているといった印象であった。
量も多めで、美味しい麻婆豆腐を満喫することが出来た。


CHANG(ちゃん)ホームページ
福岡県福岡市南区野間4丁目1−35グリーンマンション野間1F
営業 平日・土曜 11:30〜13:30/18:00〜23:00
    日曜・祝日 18:00〜23:00
定休日 月曜日
posted by てつやん at 12:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 麻婆豆腐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月03日

西苑:麻婆豆腐

普段、自家用車で通勤している身としては、今月のガソリン値上げは相当こたえた。
車のほうが便利なんだが、背に腹はかえられない。
最早、電車通勤の方が安上がりである。
しかし、そうなると中華料理店巡りにも影響が・・・

今回は早良区西新の『西苑』さんで昼食。
明治通り沿いにあるので、その存在は知っていたが、初めて行ってみた。

お店の裏側に駐車場があるとのことなので、そちらに駐車。
お店に入ると、カウンターと座敷席があった。
座敷席に座り、メニューを確認した。

定食は「マーボ豆腐定食」750円、「酢豚定食」750円、「ニラレバ定食」750円などがある。
そして、麺類は「皿うどん」500円、「じゃじゃ麺」550円、「チャンポン」500円など。
丼物では、「中華飯」550円、「天津飯」550円などで、「マーボ丼」はない様子。
今回は、「マーボ豆腐定食」を注文した。

seien01.jpg

豆腐の量が結構多い。
しかし、豆腐からの水分のせいだろうか、ドロっとしたところと、サラっとしたところがあり、全体的に味が薄い。
あまり辛くはないが、かといって甘味が強いわけでもない。
生姜が入っていて、その風味が効いている。
基本的な味は悪くないのだが、味が薄いのが残念だった。

次の狙い目は、「皿うどん」か「じゃじゃ麺」あたりにしてみよう。


西苑
福岡市早良区西新7丁目1−1
営業 11:30〜22:00(日祝は21:00まで)
定休日 火曜日
posted by てつやん at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 麻婆豆腐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月29日

巧福:麻婆豆腐

大橋へと寄り道。
チャイニーズキッチンCHINA』さんで昼食をと思ったが、残念ながらお休みの様子。
近くでお店を探すと、大橋交差点のところに、山東料理の店、『巧福』さんを見つけた。
外の案内では、「日替わりランチ」もあり、この日は「麻婆豆腐」とのこと。
こちらで昼食をとることにした。

「日替わりランチ」630円は、2種あり、「麻婆豆腐」のほかに「青椒肉絲」であった。
あと、丼物なら「麻婆丼」が500円。
麺類は、「炸醤麺」500円、「焼ビーフン」550円など。
定食のメニューは豊富で、「麻婆茄子」650円、「回鍋肉」650円、「酢豚」700円などがあった。
今回は、「日替わりランチ」の「麻婆豆腐」を選択。

kouhuku01.jpg

「麻婆豆腐」はピーマンが入っているせいか、見た目に賑やかだ。
よく見ると、その他にタケノコや椎茸も入っている。
その量は、メインのおかずとして、十分な量だ。
食べると、ピリッと辛く、ビリビリ痺れる。
しかし、全然過度な辛さではなく、甘味も感じる。
あっさりしているが、豊かな味。
まさに山東料理店の麻婆豆腐といった印象だった。
全体のボリュームも満足なランチだった。


巧福
福岡市南区大橋2丁目14−16
posted by てつやん at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 麻婆豆腐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月25日

錦華(その2)

よくお店の前は通っているが、前回以来8ヶ月ぶりに『錦華』さんで昼食を摂った。

入口に掲げてある、「日替りランチ」の内容は、この日は「牛肉炒飯」とのこと。
それでもいいなーと思いつつ、店内に入る。

テーブル席に座り、メニューを確認。
上記、「日替りランチ」580円の他に、定食が数種類。
中でも安めの「マーボー豆腐」の定食は680円。
麺類なら「角煮入り汁そば」650円も気になったが、この日の気分は定食系。
やはり「マーボー豆腐定食」を注文した。

kinka03.jpg

少し赤めの色の中に緑も入って、見た目が良い。
そして、その味は甘さ・辛さのバランスをうまくとった、美味しい麻婆豆腐だった。
特に、甜面醤の味が勝ったような甘さを感じる。
また、唐辛子(豆板醤)も多く入っているようだが、山椒もかなり効いて、ビリビリとする。
しかしながら、辛さは普通レベルだ。
大きめの肉も少し入っていて、肉の食感と味が楽しめる。

今回も麻婆豆腐的美味しさを充分味わうことが出来た。
このお店は、「日替りランチ」は安めだし、他の定食も気になるので、また利用させてもらおう。


錦華
福岡市西区今宿3丁目2−55−1F
営業 11:30〜14:00/17:30〜22:00
定休日 月曜日(に変更?)
posted by てつやん at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 麻婆豆腐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月22日

泰州園

昼食をどうしようかと福岡市西部〜西南部を走る。
そのうち、国道263号沿いの早良区干隈〜野芥辺りに、行ったことがない中華屋さんがあるのを思い出した。
お店の名前は『泰州園』さん。
お店の裏に駐車場もあった。

お店の正面には、「唐揚・餃子がおいしい店」とある。
「そういうのでもいいなー」と思いつつ店に入って、メニューを確認。
鶏の唐揚定食870円、酢豚定食920円、八宝菜定食980円、餃子定食650円等、定食類は若干高めか。
4月1日に値上げしたそうである。
「麻婆豆腐定食」もあった。800円。
その他、皿うどん780円、タンタン麺680円、麻婆丼720円等、豊富なラインナップ。
唐揚や餃子がかなり気になりながら、結局は「麻婆豆腐定食」を注文。

taisyuen01.jpg

全体的にボリューム満点の定食である。
メインの麻婆豆腐も刻みネギにラー油がかかって、なかなか美味しそうだ。
そして、実際その味は、見た目以上に美味しい。
甘味が強くて、肉の味も充分味わえる。
ラー油だけでなく、唐辛子も山椒も入っているが、それほど辛くなく、比較的食べやすい。
何より、スープの美味しさが効いているので、万人に気に入られそうな麻婆豆腐だ。

サービスランチというのを11:30〜15:00までやっていて、曜日替わりで、定食類が安くなる。
土日もやっているのがうれしいところ。
「麻婆豆腐定食」なら、680円になる火曜日が狙い目だ。


泰州園
福岡市城南区干隈6丁目8−1 TSビル1F
posted by てつやん at 14:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 麻婆豆腐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月08日

瑪瑠山

すっかり春である。
赤坂での用事のついでに、警固まで歩いてみた。
この辺りは、かつて勤めていた会社の支店があった場所だが、今は移転してしまっている。
最近はこの辺りを歩くこともなかったので、本当に久しぶりだ。

さて、歩いていると中華のお店を見つけた。
中華季菜 瑪瑠山』の看板がある。
ランチもやっているようだ。

店内に入ると薄暗く、ジャズが流れている。
いい雰囲気のお店だ。
テーブルとカウンターの席がある。

カウンターの席に座ると、メニュー表が置いてあった。
今日の目当ての定食類では、「麻婆豆腐」の他、「ホイコーロー」や「「鶏のオイスター炒め」等の定食(680円)がある。
種類が豊富で、色々と試したくなる。
麺類であれば、「たんたん麺」や、「サンラー湯麺」、「海老雲呑麺」等があるし、「ニラソバ」が名物だそうだ。
また、各種麺類のハーフとルーロー飯のセットが680〜1000円であり、これにかなり惹かれた。
しかし、今回は「麻婆豆腐定食」を注文した。

maruyama01.jpg

一口食べて、「美味しい」信号が走った。
最初は刺すようにピリッと辛く、その後にジンワリとほど良く辛い。
甜面醤の香りと甘味が効いている。
王道の麻婆豆腐といった印象で、バランスのとれた味だ。

スープ、サラダも美味しく、満足のいく定食だった。
また、色んな料理を食べてみたくなった。
近くにあれば、きっと定期的に通ってしまうだろうなー。


中華季菜 瑪瑠山
福岡市中央区警固2−11−15内野第3警固ビル1F
営業 11:30〜14:00/17:30〜22:00
店休日:火曜日
posted by てつやん at 10:58| Comment(3) | TrackBack(0) | 麻婆豆腐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月27日

黄鶴楼

早良区西新で買い物をした。
そのついでに、西新の中華屋さん探検を。
商店街を歩いてて、すぐに見つけたのが、中国武漢料理のお店、『黄鶴楼』さん。
今回は、こちらで昼食にした。

お店は建物の2階。
広めの階段や店内には絨毯が敷かれ、思ったより豪華な雰囲気。
お店の人は、笑顔で応対してくれ、気さくな感じだった。

ランチはなかなかのバリエーション。
「日替わり定食」はあるし、「点心ランチ」や「酢豚」、「青椒肉絲」、「タンタン麺」のランチがあり、値段は680円〜800円。
今回は、その中で一番安い、「マーボー豆腐定食」680円を注文した。

koukakurou01.jpg

ご飯、漬物、スープに杏仁豆腐がついていた。

麻婆豆腐は、赤みがかっていて、ふりかけられたゴマが特徴的。
食べると、チリソースっぽい味も少しする。
見た目には、唐辛子が目立ち、山椒は入ってなさそうに思ったが、食べた感じでは、ジンワリとした辛さもある。
しっかりとした麻婆豆腐で、かつ個性的でもある一品だった。

杏仁豆腐がついているのも嬉しい。
スッキリ、サッパリとした味で、気持ちよく食べ終えた。


黄鶴楼
福岡市早良区西新5−1−17
営業 11:00〜14:30/17:00〜22:00
店休日:月曜日
posted by てつやん at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 麻婆豆腐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。