2009年03月31日

煌苑:皿うどん

4月から勤め先が変わることになった。
その直前、新しい勤務先に車で挨拶に向かった。
その途中、昼食を車を止めることが出来る中華屋さんでということで、那珂川町の『煌苑』さんが思い浮かんだ。

前回食べたのは、「日替ランチ」610円。
今回は麺類を食べたい気分。
「坦々麺」630円と「皿うどん」560円とで迷ったが、「皿うどん」を食べてみることにした。

kouen02.jpg

なかなか具だくさんの皿うどんだ。
イカがいっぱい入っているし、豚肉も入っている。
味は濃い目で、麺にしっかり味が染み込んでいる。
自分好みのとても美味しい皿うどんで、他に「特製皿うどん」740円というのもあったのだが、これでも充分満足であった。

新しい勤め先となり、勤務時間も変わってくるので、今後は中華屋さんに行ける機会が減りそうなのが残念だ。
このブログも、今まで以上に更新回数も減りそうな予感がするが、細く長く続けて行きたいと思う。


煌苑
福岡県筑紫郡那珂川町片縄2−108
営業 月〜土 11:00〜14:30/17:00〜22:00
   日祝日 11:00〜22:00
posted by てつやん at 11:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 皿うどん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月20日

平和楼 天神本店:皿うどん

久しぶりに晴れたので、行動的になり、中華を食べに行った。
いつものように時間は遅め。
そうなると、行けるお店は限られてくるが、今回は天神にある『平和楼 天神本店』さんを訪れた。

エスカレーターを上がって2階に中華レストランがある。
案内されて席につき、メニューを見ると、やはり高め。
ランチセットがあって、一応「マーボ豆腐セット」900円をチェックしたが、この日は麺を食べたい気分が勝っていた。
「炸醤麺」950円が食べたいとも思ったが、フトコロ事情もあり、「皿うどん」730円を注文した。

heiwarou01.jpg

見た目は少々地味だが、香りは良い。
いか、えび、豚肉などが入って、それなりの内容。
味はかなりあっさりだ。
年輩の方には好まれるかもしれない。
しかし、自分は濃い味が好みなので、ちょっと外した感は否めない。


平和楼 天神本店』(ホームページ
福岡市中央区天神2丁目6−42
営業 平日 11:15〜22:00(LO21:20)
    日祝日11:00〜21:30(LO20:50)
posted by てつやん at 10:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 皿うどん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月09日

竹園 天神本店:什錦炒麺

今回は、福岡市中央区渡辺通り5丁目の『竹園 天神本店』さんで昼食。
長住店に一度行ったことがあるが、それっきりである。
「麻婆丼」が390円でお得なお店であるが、今回は違うものを食べるつもりだ。

「麻婆丼」や「ラーメン」は安いが、他は特に安いわけではない。
定食が何種類かあるし、どれを注文しようか迷ったが、病み上がりのため、麺類で、久しぶりの「什錦炒麺(五目焼きそば)」780円を注文した(スープ付き)。

tikuenten01.jpg

こじんまりと盛られた感があったが、麺の量は十分にある。
大きなイカとエビが入っていて、安っぽくない。
「焼きそば」と名がつくだけあって、「皿うどん」よりも麺が細め。
ややあっさりめと思ったが、汁がしっかりと麺に絡んで、充分美味しかった。

これの麺セットがあれば、もっとうれしかったかも。


竹園 天神本店
福岡市中央区渡辺通り5丁目1−19
営業 11:00〜00:00
年中無休
posted by てつやん at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 皿うどん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月25日

大名華風:皿うどん

ちょうど1年ぶりに『大名華風』さんで昼食。
今回も遅い時間の昼食となってしまった。

前回はスペシャルランチ880円だったが、今回は麺を食べたい気分。
麺類は何種類かラインナップされていたが、迷ったのは「担々麺」750円(ランチタイムは680円)か「皿うどん」780円。
しかし、最終的にあまり辛いものを食べたい気分にならず、「皿うどん」を選んだ。

daimyokahuu03.jpg

しっかりした味で、旨味充分。
このスープの味が麺や具に沁み込んで、なんとも美味しい。
具はエビやイカといった海のものから、豚肉、練り物に野菜と種類も多い。
780円と少々高かったけど、皿うどんの美味しさを再認識できた。


大名華風
福岡市中央区大名1−8−22
営業 11:30〜22:00
posted by てつやん at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 皿うどん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月12日

龍飯店:皿うどん

今回は、福岡市西区今宿の小さな中華屋『龍飯店』さんで食事。
場所はJR今宿駅近く。徒歩でも近い。

店内に入ると、テレビで北京五輪の中継をやっている。
かなり気になるが、とりあえずメニューを確認。
麻婆類の料理はない様子。
定食類は「八宝菜」「酢豚」が630円で、味噌汁付きとのこと。
麺類は「皿うどん」525円、「焼米粉」630円などで、「特製チャンポン」「特製皿うどん」630円といったものもある。
この中から今回は普通の「皿うどん」をチョイス。

ryuh01.jpg

見るからによく炒まった「皿うどん」が湯気を立てて運ばれてきた。
たくさんの具材がどれも小さめに切られて、固めの麺と混ざり合っている。
アツアツの「皿うどん」を口に運ぶと、まさに期待通りの味。
濃い目でなく、どちらかというとあっさりしているが、これぞ大衆中華屋さんの「皿うどん」だ。
あっという間に平らげ、午後に向けていいエネルギー補給ができた感じだ。


龍飯店
福岡市西区今宿1丁目3−33
定休日 水曜日(第5水曜は除く)
posted by てつやん at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 皿うどん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月10日

福楼:皿うどん

ほぼ1年ぶりに訪れたのは、県庁近くにある『福楼』さん。
以前は、わかりにくくて、通り過ぎてしまいそうなお店に思われたが、今回訪れてみると、お店の前に大きなメニューが張られ、かなりわかりやすくなっていた。

中に入ってみると、メニューも内装もあまり変わらないようだ。
前回食べた、「麻婆豆腐」も前と同じ、お得な350円のままで、嬉しい。
さて、何を食べようかと思ったが、店前の大きなメニューに書いてあった、「皿うどん」を注文してみた。
しかし、しっかりと確認せずに注文したので、どんな皿うどんか、価格はいくらか、この時点ではわからなかった。

そして、出来てきたのが、この「皿うどん」↓。

fukurou03.jpg

彩り鮮やかな皿うどんである。
しかしながら、見た目には素朴さも感じさせる。
肉類は入ってないようだが、キャベツ、にんじん等の野菜や、海老、貝柱、あさり等の海産物が入っている。
だからか、独特の風味があるが、なかなか美味しかった。

食べ終わって、勘定すると、480円であった。
これは、皿うどんとしては、かなり安い部類だろう。
店を出て、大きなメニューを再度確認すると、「海鮮(野菜)皿うどん」となっていた。
なるほどの内容だった。


福楼
福岡市博多区千代4丁目29−51
営業 11:00〜22:00
posted by てつやん at 11:16| Comment(4) | TrackBack(0) | 皿うどん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月26日

珍萬21:皿うどん

久しぶりに皿うどんが食べたくなった。
大衆中華料理店なら、まず置いている可能性は高い気がする。
というわけで、今回は中央区港にあるお店『珍萬21』さんに行ってみた。

お店はかなり小さく、カウンターと、奥にテーブル席が一つある。
カウンター席に座り、メニューを確認。
「皿うどん」があってひと安心(520円)。
その他、麺類なら、「炸醤麺」560円、「ビーフン」650円など。
定食は「マーボ豆腐」680円、「酢豚」830円、「八宝菜」830円などがある。
予定通り「皿うどん」を注文した。

tinman01.jpg

見た目はまさに食べたかった皿うどんである。
量は標準的で、豚肉やキャベツが入った、オーソドックスな皿うどんだ。
味はややあっさりめか。
一気に食べ終え、皿うどんを食べたい気持ちを満たすことができた。

店員さんの対応も、何気に気持ち良く、感じの良いお店であった。
この辺りはよく通るので、また立ち寄ることにしよう。


珍萬21
福岡市中央区港2丁目10−10
営業 11:30〜22:00
定休日 水曜日
posted by てつやん at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 皿うどん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月18日

春香

今回は、以前ドライブ中に見つけた、城南区樋井川の中華料理店『春香』さんで昼食。

小さな店で、雰囲気としては中華居酒屋のように思える。

カウンターに座り、メニューを確認するが、ランチのようなメニューはない。
一品料理などがのった一般的なメニューだけで、昼食としては、麺類やチャーハン、中華丼がいいみたい。
麺類には「皿うどん(やわ麺・パリパリ麺両方あり)」650円や、「チャンポン」680円がある。
聞くと、昼食時には、このメニューの他は、担担麺があるだけのようだ。
今回は「皿うどん(やわ麺)」を注文した。

syunkou01.jpg

この皿うどんは、いか、えび、豚肉など具が揃い、なかなか豪華に見えて、美味しそう。
実際食べてみると、まさに中華料理店の皿うどんに求めていた味そのもので、期待通り。
しつこくなく、バランスがとれた味だ。
選択肢が少なくて、迷って決めた皿うどんだったが、結果的に満足だった。

きっと、スープもバランスのとれた、いい味なのだろう。
そのスープを使った他の料理も味わってみたいものである。


春香
福岡市城南区樋井川3−19−4
posted by てつやん at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 皿うどん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月01日

きしや

中華な定食屋 きしや』さんは福大大池通り沿いの小さなお店である。
車で走っていると見落としてしまいそうになるので、気を付けなければならない。

kisiya1.jpg

中に入ると、まさに「中華な定食屋」そのままの、ちょっとレトロな定食屋さんの雰囲気。

ランチメニューには、メインを5種から1品選べる「ランチ」730円がある。
これにはご飯・豚汁・サラダ・つけもの・小鉢・デザートが付いているとのこと。
また、店内の貼紙をみると、担担麺と長崎皿うどんがプッシュされているようだ。
メインの5種には酢豚なども入っているが、今回は「皿うどん」を選択した。

kisiya2.jpg

こちらのランチ、小鉢が2つあり品数が多くて、一目見て「当たり!」と思わせる。

そしてその見た目通り、味も満足いくものだった。
皿うどんはスープのうまみが活きて、とても美味しい。
ニンニクの香りもほのかにして、食欲が増す味である。

デザートの杏仁トーフもサッパリとした甘さで、さわやかに食べ終えることが出来る。

今回の「きしや」さんは、小さいながらも努力や気配りが見られる、とても感じがいいお店であった。


中華な定食屋 きしや
福岡市南区西長住1−7−28 西長住ビル1階
営業 11:30〜14:30/18:00〜24:00
定休日 火曜日




posted by てつやん at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 皿うどん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。