2009年05月25日

趙之家 福重分店:肉ワンタン麺

休日の昼食に中華麺を食べたくなり、『趙之家 福重分店』さんへと向かった。
こちらへは、休日にしか来たことがないが、いつもお客さんがいっぱいだ。

今回は少し早めに行ったためか、すぐにテーブルにつくことができ、メニューを確認した。
今まで食べた「スーラー湯麺」でもよかったが、見てると経験のないものが食べたくなってきて、結局「肉ワンタン麺」を注文した(お腹が減っていたので大盛+110円で)。

cyao06.jpg

麺とスープの美味しさがダイレクトに味わえる麺である。
スッキリとしてコクがあるスープが特にいい。
具としては、ワンタン6個ほどとチャーシューが1枚入っている。
白髪ネギと一緒に食べると美味しさが一層引き立つ。
大盛で注文したが、ペロリと食べれて、もう少し食べたい位であった。


趙之家 福重分店HP
福岡市西区捨六町1−91−3
営業 11:00〜24:00
posted by てつやん at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の麺類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月16日

台湾飯店:牛肉麺

なかなか新しい勤務先のペースがつかめていないが、ようやく外で昼食をとることができた。
とはいえ、これからも時間が限られているので、行ける場所もかなり限定されてきそうだ。
その分、休日に足をのばして楽しんでいければと思っている。

さて、今回は福岡市南区野間の『台湾飯店』に寄ってみた。
前回、担仔麺を食べたが、大変美味しかったので、今回も麺が目当てである。

お昼にお得な(安くなる)麺は担仔麺の他に、「牛肉麺」(800円→680円)と「排骨麺」(800円→680円)があった。
写真を見ても担仔麺とは趣きが異なりそうな「牛肉麺」を注文してみた。

taiwanhanten02.jpg

かなり濃い味かと思ったら、スープは意外とあっさりしている。
香辛料が効いていて、体がとても温まる。
別皿で高菜が添えられたが、これを入れると風味が変わってよいそうだ。
実際に入れてみると、大きく味が変わるほどには風味は変わらないが、確かにアクセントにはなった。
個人的には担仔麺の方が好みだった。
次は排骨麺を食べてみたい。


台湾飯店HP
福岡市南区野間3−8−2
営業 11:30〜15:00/17:00〜21:30
定休日 木曜日
posted by てつやん at 09:08| Comment(2) | TrackBack(0) | その他の麺類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月27日

マダムミミ:焼米粉

ハローワーク福岡中央の裏手に、夜しか開いていない『マダムミミ』さんというお店がある。
機会があればと思っていたのだが、この間、その機会があった。

小さなお店で、テーブル席のみ。
一組団体が入ったら、一杯になってしまいそうだ。
メニューを手渡されて見てみると、あまり種類は多くなさそう。
実際のところはどうなのだろうか?
ひとまず、その中で一番気になった「焼米粉」580円を注文した。
「特製焼米粉」680円というのもあるようだが、今回はノーマルで。

mimi01.jpg

あっさりとしているが、コクがある。
小さめに切られた豊富な具材が入っていて、色鮮やかだ。
あつあつで、量も十分だった。

後でよくメニューを見ると、最後のページに「麻婆豆腐」680円がのっていた。
これと「ライス」160円でもよかったかもしれない。
さらに、トイレに行った後、背の壁面を見ると「炸醤麺」580円も貼紙してあった。
気づくのが遅かったが、次回はこれらから選んでみよう。


マダムミミ
福岡市中央区赤坂1丁目6−15 日新ビル1F
営業 17:30〜23:00
posted by てつやん at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の麺類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月05日

台湾食堂:担仔麺

早良区西新に『台湾食堂』というお店があるらしい。
ネットでいろいろ見ている時に見つけたのだが、今まで全然気が付かなかった。
(よく昭和通りは通っているのだが・・・)

そういえば、南区野間の『台湾飯店』さんで食べた「担仔麺」がとても美味しかったことを思い出す。
こちらのお店にも「担仔麺」があるようだ。
久しぶりに「担仔麺」を食べてみようと思い、『台湾食堂』さんを訪れた。

カウンター席に座ると、目の前に昼メニュー(11:00〜15:00)の案内がある。
お目当ての「担仔麺」は550円とのことだ。
一応、他に定食はないかと見ると、「牛肉ピーマン細切り炒め定食」880円や「酢豚定食」860円などがある。
麻婆豆腐は昼にも夜にもないようだ。

こちらが注文した「担仔麺」↓。

taiwansyokudou01.jpg

あっさりとしているが、しっかりと鶏がらスープの味がする。
やわらかい細麺が実に自分好み。
具は、ひき肉、煮玉子と、チンゲン菜が多めに入っている。
ひき肉の存在感はあまりないが、チンゲン菜のシャキシャキ感がいい。
煮玉子も美味しかった。

例え食欲がなくても、ツルっと軽くお腹に入ってしまいそうな担仔麺であった。


台湾食堂
福岡市早良区西新1−9−22
営業 11:00〜15:30/17:30〜23:00
定休日 水曜日
posted by てつやん at 10:57| Comment(3) | TrackBack(0) | その他の麺類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月25日

趙之家 福重分店(その2)

車に乗って買い物へ。
その道すがら、昼食で立ち寄ったのは『趙之家 福重分店』さん。

ここのところ、一品料理のメニューも増えてきているようだが、今回は麺類が目的である。
数ある麺類の中から選んだのは、「スーラー湯麺」780円。
同行の妻は、「トロトロ角煮湯麺」780円を注文した。

こちらが「スーラー湯麺」↓。

cyao04.jpg

酸辣湯麺といえば、酸っぱくて辛いのだろうが、ここの「スーラー湯麺」はそれほど辛くないし、酸っぱさも強く感じなかった。
自慢のスープの旨みが前面に出ていて、美味しくて、食べやすい。
あんかけだからか、かなり体が温まる。
細麺の量も多めで、満足度が高い一品だった。

そして、こちらが「トロトロ角煮湯麺」↓。

cyao05.jpg

小さめに切られた角煮がゴロっと入っている。
八角の香りがして、美味しさは申し分ない。
贅沢を言えば、もう少しトロっとしていると良かったかも。
麺は細麺。だからか、あっさりと食べれそうな気がした。

精算時に、焼餃子か杏仁豆腐のサービス券をもらったが、こちらはWEBでも入手可能。
このサービス券はあるし、気軽に行けるし、美味しいし、また行っちゃうだろうなー。


趙之家 福重分店HP
福岡市西区捨六町1−91−3
営業 11:00〜24:00
posted by てつやん at 10:43| Comment(2) | TrackBack(0) | その他の麺類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月07日

中国大明火鍋城

今回は、『大明担担麺』の本店、『中国大明火鍋城』で昼食をとった。
場所はちょっとわかりにくいが、車は数台とめることが出来る。

この日は麺が食べたかったので、そのつもりで行ったが、ここは四川料理のお店。
ディスプレイしてあった、おかずが「麻婆茄子」等の「日替わり定食」がかなり美味しそうで、心惹かれたが、やっぱり初心貫徹。
券売機で「酸菜肉絲麺」600円の食券を購入した。

hinabejou01.jpg

辛い料理で有名なこのお店だが、この麺は辛くない。
酸味のある高菜が入っていて、最初は面白い味だと感じた。
しかし、それだけでなく、食べ進むと、独特のスープの味が深い味になっていき、たまらぬ美味しさを感じた。
具の細切り肉も、トロっとした食感で、柔らかいし、細めの麺もよかった。

今回も、満足の一杯を味わうことができた。
また食べたいとも思うが、やっぱり今度は「麻婆豆腐」か「日替わり定食」が食べてみたいと思いつつ、店を出た。


中国大明火鍋城
福岡市早良区百道1−5−1
営業 11:30〜14:00/17:30〜22:00
posted by てつやん at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の麺類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月01日

台湾飯店

晴れだか、曇りだか、雨だか、微妙な天気の中、車を走らせ、福岡市南区野間に着いた。
ここにある中華料理店が、『台湾飯店』さんである。
駐車場はと見ると、道の向かい側にあった。
車を止め、道を渡り、中に入った。

さて、メニューには「日替りランチ」630円、や「麻婆豆腐定食」710円などがある。
中でも、焼きめしと麻婆豆腐がセットになった「台湾定食」730円はかなり気になった。
しかし、今回、それ以上に気になったのが、「台湾ラーメン」。
これは3種類のラインナップがあり、「牛肉麺」と「排骨麺」は通常800円だが、昼のみ680円となっている。
そして、「担仔麺」は通常700円が、昼のみ680円とのことだ。
今回は、一番あっさりしてそうに見えた、「担仔麺」を注文してみた。

こちらが「担仔麺」。小ライス付きである↓。

taiwanhanten01.jpg

スープを啜ってみると、スパイスの香りで食欲を刺激される。
これはかなり美味しい!
しっかり味がして、それほどあっさりには感じないが、決してしつこくはない。
麺はやや細めの麺で、好みのものだ。
具には、チャーシュー2枚のほか、もやし、ネギなど野菜も多い。
また、ピり辛味のそぼろ肉も入っており、これがスープと合わさると、スープの味わいが一段と増す。
食後には、体が適度に温まり、満足感が高い一杯だった。


台湾飯店HP
福岡市南区野間3−8−2
営業 11:30〜15:00/17:00〜21:30
定休日 木曜日
posted by てつやん at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の麺類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月20日

歓迎 蒲田(その2)

久しぶりにダイエーマリナタウン店へ。
となると、食事は『歓迎 蒲田』さんである。
フードコートのお店だけあって、15時や16時でも開いているのがうれしい。

このお店は定食類も種々あるが、気分は麺類だった。
前回は担担麺を食べたので、今回は別の麺を食べてみたい。
そこで、一番試してみたかったのが、「北京汁そば」525円。
メニューの写真では、さっぱりしてそうな麺に見える。

こちらが実際食べた「北京汁そば」↓。メニュー写真通りのものだ。

kamata02.jpg

にんじん、白菜や卵などを、あんでとじたものが、上からかけられている。
麺は細麺で、肉は少なめだ。
渡される時に、店員さんから「最初にかきまぜて食べてください」と教えられた。
言われた通り、かきまぜて食べてみると、やさしく、素直な味だった。
香辛料はあまり入っていない。
やはりあっさりめだが、コクはある。
スープの味を素直に味わえる麺である。

このお店があるせいか、こちらのフードコートは特徴的に感じるし、個人的にも好みである。
他のSCのフードコートもこんな中華屋さんを入れてくれるといいんだけどなー。


歓迎 蒲田
福岡市西区豊浜3−1−10 ショッパーズモールマリナタウン内
営業 10:00〜21:00
posted by てつやん at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の麺類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月29日

ZHANG’S

26日はシーナ・イーストンのライブの日だった。
開演は20:30からだったので、その前に晩御飯を食べておきたい。
会場のビルボードライブ福岡で食事も出来そうだが、今回は一人だし、簡単に済ませてしまおうと考えた。

そこで、今回伺ったのは、『ZHANG’S』さん。
『福新楼』さんの湯麺とお粥の専門店である。
美容と健康がテーマらしい。
場所は福新楼のビルの1階であり、前に紹介した『新界』さんも同じビルの2階である。

入口の券売機で食券を買う。
「海老ワンタン麺」650円にひかれつつ、一番安い「ZHANG’S麺」450円にしようと思ったところ、端の方に「白菜湯麺」の文字が目にとまった。
白菜もいいし、ふわふわの肉団子が入っているらしい。
今回はこちら、「白菜湯麺」650円に決定し、食券を購入した。

店員さんに食券を渡し、しばらくすると、「白菜湯麺」が運ばれて来た。

zhanzs01.jpg

スープはいかにも鶏がらスープである。
しっかりとした旨みがある。

そして麺は平べったい麺。
つるつると喉ごしが良い。
こういう麺も好きだ。

肉団子は確かにふわふわしている。
たくさん入っていて嬉しいが、味のインパクトは弱い。

メインの具である白菜も、これといって普通であった。

この店の麺や粥には、別皿でゼリー状のコラーゲンがついてくる。
美容の為でもあろうが、鶏がらスープには少ないコラーゲンを補うためでもあるらしい。
他店にはない特徴で、ちょっと面白い。

麺と粥の専門店という形態も、他にはなかなか無い。
次回は粥を試してみたいところだ。


ZHANG’Sホームページ
福岡市中央区天神2−3−33
営業 11:30〜22:00(LO21:30)
posted by てつやん at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の麺類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月26日

日本浪漫座

気持ちよく晴れた年末のランチタイム。
今日も天神周辺で昼食。
伺ったのは、長浜公園近くの『日本浪漫座』さんである。

店内はそこそこ広く、お客さんもいっぱい。
そしてたくさんいる店員さんも忙しそうである。

ランチタイムのメニューにはいろんな麺類やセット物がある。
例えば麺類は担々麺が4種類(700〜800円)あるし、ちゃんぽん750円など種類豊富。
セット物は餃子ランチセット600円や日替わりのランチセット750円など。
麻婆豆腐セット680円というのもあった。
その中で今回選んだのは、「スーラー湯麺」700円にプラス150円でデザートセット(サラダ、デザート)を付けた。

romanza01.jpg

このスーラー湯麺、見た目かなり食欲をそそられる。
食べてみると、麺が細めで好みの部類だが、具の豚肉の美味しさともやしのシャキシャキの食感がかなりいい。
スープもなかなかではと思って食べていると、間もなく辛さがやって来た。
これは結構辛い。
すぐに汗が噴出してきた。
温泉卵が入っていて、一緒に食べると少しマイルドになるが、その一部分だけである。
まさに酸"辣"湯麺という感じだった。

デザートは杏仁豆腐。
こちらの甘さで幾分和らいだ。

こちらは四川料理の店なので辛いのは当たり前である。
次回は麻婆豆腐に挑戦しよう。


日本浪漫座
福岡市中央区舞鶴1−4−7
営業 11:30〜14:30/17:00〜23:00
posted by てつやん at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の麺類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月30日

大明担担麺 楽市街道箱崎店(その2)

時間は15時過ぎ。遅い昼食。
大明担担麺 楽市街道箱崎店で辛くない麺を食べようと思いたった。
系列店は福岡市内に数店舗あるが、車で移動の場合はこの店舗が一番利用しやすい。
また、この時間でも開いているのはとてもありがたい。

店に着き、メニューを確認。
海鮮麺など辛くない麺がいくつかあるし、新しい麺も増えているようだ。
今回は、その中から「抄手麺(ワンタン麺)」600円を注文。

dai-wan01.jpg

辛くなくても美味しい!
スープはとても旨みがあり、味わい深い。
具にワカメも入っており、一緒に食べると海の香りがする。
そして何といってもワンタンが美味しい。
餡がたっぷり入って、とろりとしている。

ちなみにワンタンだけのメニューもある。
今度はそれを目当てに来てもいいなーと思った。


大明担担麺 楽市街道箱崎店
福岡市東区箱崎5−1−8
営業 11:00〜2:00
posted by てつやん at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の麺類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月08日

福寿飯店

福寿飯店は老舗の北京料理店だそうだ。
とはいえ、長く福岡に住みながら場所も知らなかったが、今回初めて訪れた。

外観からは中華料理店とはわかりにくいが、サンプルのショーウインドウが老舗を思わせる。

中に入り、案内されてテーブルに座る。
メニューを見て、気になったのがいくつかあったが、この日最も食べたいと思ったのは、「東坡肉(トンポーロウ)麺」850円。
湯麺に豚の角煮がのったものに違いない。
こちらを注文。

fukujuhanten01.jpg

正に思ったとおりのものだったが、その東坡肉が立派。
大きな角煮が3個ものっている。
これが箸で持っただけでくずれてしまうほどやわらかく、そして美味しい。
豚の角煮は大好きなので、幸せ気分である。

他の具には、青梗菜と煮卵。
煮卵もほんのり味付きで美味しく、青梗菜はアクセントにいい。

スープはしっかりと味がついており、東坡肉のたれと相まって、濃い味になっている。

麺は中麺でやや縮れており、硬め。
残念ながら好みのものでないが、こうでないとスープに負けてしまうのかも。

850円は麺としては高めだが、チャーシューメンを食べるのと大差はない。
まして東坡肉が食べれるのだから、意外とお得かも。


福寿飯店
福岡市博多区下川端町10−1
営業 11:30〜21:30(LO20:50)
posted by てつやん at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の麺類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月02日

中国家庭料理 天天(その2)

麺が食べたくなった。
麺といえば、いつもは担担麺やラーメンだが、今日の気分はそれ以外の麺。

そこで伺ったのは『中国家庭料理 天天』さん。
2度目の訪問である。
前回、隣のテーブルにいた年輩の女性が「とても美味しかった!」と言っていたのが頭の中に残っていた。
その人が何を食べていたのかはわからないが、麺類だったのは間違いない。

さて、店に入り、メニューを見ると、数種類の麺類がある。
今回選んだのは、一番安い「青梗菜と山クラゲの湯麺」530円。

tenten men 01.jpg

スープはやさしい味で、鼻から抜ける香りが良い。
麺はつるりとのどごしが良く、スープにピッタリ。
青梗菜と山クラゲの歯ごたえも良く、具の豚肉もとろりとした食感で、甘くて美味しい。
食欲がなくても問題なく食べれそう。
本当に美味しい一杯であった。


中国家庭料理 天天
福岡市東区箱崎3丁目36−31−105
営業 11:30〜15:00/17:00〜22:00 
ラベル:福岡市東区 湯麺
posted by てつやん at 09:56| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の麺類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。