2008年01月09日

桃園酒楼

今回の昼食は、3号線を走っていて気になっていた、台湾料理のお店、『桃園酒楼』さんで。
場所は福岡市東区箱崎。
北九州方面に向かって左側、ボックスタウン箱崎の先、うどんの小麦冶の隣である。

店頭には「日替り定食」のサンプルが置いてある。
おかずが2品もあり、なかなか安い(680円)。
おかずは青椒肉絲とイカと野菜炒めである。
充分これでもOKだが、一応メニューを見て決める。

カウンターに座ると、平日のみのランチメニューが置いてある。
内容は日替り定食のほかに「麻婆豆腐定食」680円や青椒肉絲、酢豚、エビチリ、八宝菜の各定食が750円。
「台湾丼」500円といったものもある。

今日は麻婆豆腐定食をと思い、店員さんに告げると、日替り定食を強くプッシュしてくる。
確かに一番お得な気がすると思い直し、「日替り定食」に変更して注文。

あまり待たずして、運ばれて来た。

touen01.jpg

想像以上に量が多い。全部食べきれるか心配に思える。
おかず2品は色鮮やかに仕上がっている。

青椒肉絲はあっさりめの味。
ごはんに合うし、問題ない。

一方のイカと野菜炒め。
野菜たっぷり、イカたっぷりである。
こちらもあっさりで、味は悪くない。
しかし、何か独特の香りがしてくる。
これが何から来るものかわからないが、臭みのような、苦手な香り。
この香りが台湾料理によくあるものなのか、経験が少ないため分からなかった。

その様な部分もあったが、スープは美味しかった。
今度はやはり麻婆豆腐が食べてみたい。


桃園酒楼
福岡市東区箱崎4−9−34
posted by てつやん at 10:30| Comment(0) | TrackBack(1) | 青椒肉絲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月05日

鴻福家

今回は志免町の『鴻福家』さんでランチ。
元はリンガーハットがあった所で、『こうふくじゃ〜』とよむそうだ。

kouhukuja01.jpg

さて、こちらもお昼のメニューは豊富で、リーズナブル。
日替定食は560円。その他定食も650〜720円。
今回は麻婆豆腐でも麺類でもなく、「ピーマンと豚肉細切り炒め定食」680円を注文。

kouhukuja02.jpg

メインの「青椒肉絲」は豚肉、ピーマン、たけのこが細切りされた、見た目にもオーソドックスなもの。
味も、薄過ぎず、濃過ぎず、ちょうど良く、ご飯が進む。

スープはたまごとワカメのスープで、あっさりめの香りのよいスープであった。
ちなみにご飯とスープはおかわりOKとのこと。
小さめの茶碗なので、若い男性はご飯1杯では足りないだろう。

他店と共同の駐車場なので、昼時には駐車出来ない場合も。
それほど広くもないので、接触事故しないように注意が必要である。


鴻福家
福岡県粕屋郡志免町大字別府120−11
営業 (平日)11:00〜14:30/17:00〜23:00 
  (土日祝)11:30〜15:00/17:00〜23:00
ラベル:青椒肉絲 志免町
posted by てつやん at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 青椒肉絲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。