2008年09月18日

同福居:麻婆豆腐

慢性蕁麻疹の薬のせいか、眠くて体がだるい。
何か美味しいものを食べて、すっきりしたいところだ。

今回は福岡市東区馬出の九大病院東門前にある、『同福居』さんで昼食。

店に入ると、カウンター6席とテーブルが2つ。
こちらも小さな中華屋さんだ。

さて、メニューはというと、定食では「マーボ豆腐」650円、「酢豚」730円、「豚肉と野菜炒め」650円、「牛肉と野菜炒め」800円など。
麺類では、「四川坦々麺」650円、「マーボ麺」600円、「酸辣湯麺」690円などがあり、丼物では、「マーボ丼」600円、「トマト玉子丼」600円がある。
お腹はへっているし、どれも食べたくて、正直迷う。
迷ったが、結局「マーボ丼」を注文してみた。

しかし、運ばれてきたのは丼ではなく、見るからに「マーボ豆腐定食」であった。
こちらの言ったことがうまく伝わってなかったようだ・・・。
だが、これでもよかったので、何も言わず食べてみた。

douhuku01.jpg

鉄鍋と赤い色合いから、辛そうに思えるが、実際結構辛い。
表面的にピリピリした辛さが目立つが、底からかき混ぜると、複数の香辛料・調味料の味が出現してきて美味しくなる。
これは日本の家庭の味と対極にある麻婆豆腐だと思った。
経験がないのでわからないが、本場ではこんな味なのかもしれない。

食べ終わると汗が噴き出し、だるかった体もすっきりし、仕事に向かうことができた。


同福居
福岡市東区馬出2丁目
posted by てつやん at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 麻婆豆腐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月11日

宝京楼:麻婆豆腐

西新の『宝京楼』さんで昼食をとった。
以前来た時に、「麻婆豆腐」の写真が美味しそうだったので、今回はそれが目当てである。

お店に着くと、この日の「日替わり」は「玉子と野菜の炒め物」とのこと。
これよりはやはり「麻婆豆腐」がいい。
迷わず、「麻婆豆腐」の定食730円を注文。
待っている間に、麺類にどんなものがあるかを確認すると、「担々麺」750円、「皿うどん」750円などがあった。
たまたまかもしれないが、「皿うどん」など麺類を注文する人も多かった。

houjinrou03.jpg

実際、来た「麻婆豆腐」を見ると、写真とは少し印象が違っていた。
(定食用と一品料理用の器の違いのせいかな?)
しかし、食べてみると、味に深みがあって、面白い。
それでいて、さっぱりした「麻婆豆腐」に思える。
豆板醤とラー油の辛味と、スープの味が前面に出ている。
量が少ないかもと思ったが、少し深さのあるお皿に入っていたので、もの足りないことはなかった。

他の人が食べていた「皿うどん」も美味しそうだったので、次回は「皿うどん」にしてみよう。


宝京楼
福岡市早良区西新4−7−10
営業 11:00〜14:30/17:30〜22:30
posted by てつやん at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 麻婆豆腐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月02日

頤和園:麻婆豆腐

ここのところ麺類が続いたので、麻婆豆腐が食べたくなった。
ネットで下調べして訪れたのは、博多駅前2丁目の大博多ビル12階にある『CHINA GARDEN 頤和園』さん。
ランチで麻婆豆腐があるようだ。

入店は13時半過ぎ。
だけど、お客さんはまだ多い。
席に案内され、ちらりとメニューを確認したが、心は決まっていたので、定食の「麻婆豆腐」780円を注文。
ちなみにお昼の定食は780円のものと980円のものがあり、メイン料理の内容の差のようだ。
他にも「麻婆湯麺」780円、「四川担担麺」850円、「炸醤麺」800円、「麻婆チャーハン」850円など、ちょっと高めだが、なかなか魅力的なラインナップだ。

こちらが注文した「麻婆豆腐」の定食↓。

iwaen01.jpg

こちらも食べる前から期待が高まる麻婆豆腐だ。
豆腐の量が多めで、まさに豆腐料理を食べているという実感がする。
味もなかなかいい。
見た目の通り、ラー油のピリピリした辛さが強い。
しかし、全体的な美味しさを引き立てている感じの辛さである。

こちらは高いところに位置するので、遠くの山が見えて、景色も楽しめる。
お客さんも多く、活気のあるお店であった。


CHINA GARDEN 頤和園 大博多ビル店
福岡市博多区博多駅前2丁目20-1 大博多ビル12階
営業 11:30〜14:30(L.O.14:00)/17:00〜22:30(L.O.21:30)
                   金曜日のみ17:00〜23:00(L.O.22:30)
年中無休
posted by てつやん at 10:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 麻婆豆腐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月27日

中華ダイニング 我が家:冷し担担麺

今回は福岡市中央区赤坂の『中華ダイニング 我が家』さんで昼食。

場所は裁判所の近く、明治通りと昭和通りの間にある。

店内は想像したより広く感じた。
テーブル席がたくさんある。

席につくと、テーブル上にお昼のメニューが置いてある。
それを見ると、麻婆豆腐はないようだ。
ランチセットが2種あり、Aが麺と半チャーハンのセットで700円。
Bが料理2つとライス、スープ、漬物のセットで800円となっている。
麺類なら「絶品タンタン麺」というのがある(680円、半チャーハンとのセットで850円)。
迷いつつ周りを見ると、壁に夏メニューが貼ってある。
全て麺類で、「冷やし中華」「冷やしタンタン麺」「ジャジャン麺」と書いてある。
これらはすべて750円(半チャーハンセットで890円)。
今回は「冷やしタンタン麺」を注文することにした。

wagaya01.jpg

肉類は入ってないようだが、平麺に温泉玉子がのり、美味しそうだ。
タレが別の器に入っているが、特に説明がなかったので、麺にかけて食べた。
ラー油の辛さと、すりごまの味わいが特徴的だ。
温泉玉子を潰して食べたが、タレの味が強くて、それほどマイルドにはならない。
麺のボリュームがあるので、量的に足りなくはなく、ほど良い腹加減で食べ終えた。


中華ダイニング 我が家
福岡市中央区赤坂1丁目15-1−1F
営業 11:30〜15:00/17:30〜23:00(OS 22:30)
posted by てつやん at 10:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 担担麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月19日

金絲猴:汁なし担担麺

珍しく、夜に一人で中華のお店に入った。
お店は福岡市中央区にある『金絲猴』さん。
刀削麺が有名だと聞いたことがある。

お店はビルの2階。
テーブル席とカウンター席があるが、カウンター席に座った。

何にしようかとメニューを見てみる。
「麻婆豆腐」は単品で850円。
「陳麻婆豆腐」も別にあり、1000円となっている。
お手頃メニューで気になるのは、やはり刀削麺だ。
釜揚げの刀削麺「西安刀削麺」はSサイズ500円、Mサイズ800円となっている。
他にも何種類かの刀削麺があるが、今回注文したのは汁なし担々麺の「担々刀削麺」。
Sサイズ600円、Mサイズ900円とあり、Mサイズを選んだ。

kisikou01.jpg

「底から掻き混ぜて食べて下さい」とのことで、その通りにすると、薄茶色のタレが絡まってくる。
ゴマの香りの美味しいタレで、なかなかイケる。
辛さは基本の辛さで頼んだが、全く辛くない。
刀削麺はモチモチしていて、さすがに美味しい。
しかし、汁なしだからか、そのモチモチがすぐにきつくなってきた。
大して量は食べてないが、満腹感でいっぱいになった。
結果、一人ならSサイズでもよかったのかもとちょっと後悔。
次回はスープで食べる刀削麺を食べてみたい。


金絲猴
福岡市中央区春吉3−23−13大取ビル2階
営業 17:30〜1:00(OS 0:00)
   (日祝日は23:00まで)
posted by てつやん at 10:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 担担麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月12日

龍飯店:皿うどん

今回は、福岡市西区今宿の小さな中華屋『龍飯店』さんで食事。
場所はJR今宿駅近く。徒歩でも近い。

店内に入ると、テレビで北京五輪の中継をやっている。
かなり気になるが、とりあえずメニューを確認。
麻婆類の料理はない様子。
定食類は「八宝菜」「酢豚」が630円で、味噌汁付きとのこと。
麺類は「皿うどん」525円、「焼米粉」630円などで、「特製チャンポン」「特製皿うどん」630円といったものもある。
この中から今回は普通の「皿うどん」をチョイス。

ryuh01.jpg

見るからによく炒まった「皿うどん」が湯気を立てて運ばれてきた。
たくさんの具材がどれも小さめに切られて、固めの麺と混ざり合っている。
アツアツの「皿うどん」を口に運ぶと、まさに期待通りの味。
濃い目でなく、どちらかというとあっさりしているが、これぞ大衆中華屋さんの「皿うどん」だ。
あっという間に平らげ、午後に向けていいエネルギー補給ができた感じだ。


龍飯店
福岡市西区今宿1丁目3−33
定休日 水曜日(第5水曜は除く)
posted by てつやん at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 皿うどん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月05日

上海餐室:麻婆豆腐

ガソリン高騰をうけて、ついに自分も車通勤を止めることになった。
今月から地下鉄通勤である。
行動範囲が狭められてしまうが、都心には行きやすくなったとも言える。
これからは、地下鉄沿線を中心に食べ歩いてみたい。

今回は中央区西中州にある、『上海餐室』さんで昼食をとった。

お店に着くと、入口にランチメニューの案内が置いてあった。
「日替わり定食」780円がお得である。
その他いくつか書いてあって、その一番下に「麻婆豆腐定食」830円があり、「大人気」と書き添えてある。
この時点で、この2つのどちらかに心は決まっていた。

店内に入り、再度メニューを確認。
定食は「海老のチリソース煮」、「青椒牛肉絲」、「酢豚」が950円、「鶏の唐揚げ」850円、「蟹と玉子の炒め」830円とある。
また、麺類は740円〜980円。
入った時間が遅くて、この日の「日替わり」の「酢豚」がなくなってしまったとのこと。
であれば、やはり「麻婆豆腐定食」である。

shanghais01.jpg

ご飯、サラダ、スープ、小鉢がついて、ボリューム充分。
そして、この麻婆豆腐はたまらなく美味しい!
お肉や甜面醤、スープの深い甘味とコクがある。
刻んだネギが何とも美味しそうに見せるが、実際食べてもいい味わいを出している。
そんなに辛くもなく、食べやすい。
麻婆豆腐自体の量も充分にあり、「大人気」なのが納得である。

夏真っ盛り。
美味しい麻婆豆腐を食べて、この夏を乗り切れそうな気がした。


上海餐室
福岡市中央区西中洲12番21号KS第2ビル1階
営業 11:30〜14:30/17:30〜23:00
定休日 第1・第3日曜日
posted by てつやん at 09:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 麻婆豆腐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月31日

天香:担担麺

先週は、長引いていた咳が治らず、ついに発熱。
ついでに子供も水疱瘡にかかり、身動きがとれない。
今週半ばに来て、やっと動けるようになった。

自分自身、まだ完全ではないが、久しぶりに中華を食べに出かけた。
今回は、福岡市東区のJR香椎神宮駅近くにある『彩食酒家 天香』さんで昼食をとった。

お店に着き、入口の案内を見ると、駐車場がJR香椎神宮駅前にあるとのこと。
すぐに見つかり、こちらに車を止めた。

さて、店内はこじんまりとして、木を基調とした落ち着いたつくり。
カウンター席と、板張りで座敷形式のテーブル席がある。

メニューを見て、しばし悩む。
ランチタイム(11:30〜14:30)には「日替わりランチ」880円がある。
あと麺類に「担々麺」780円、「麻婆麺」840円、「什綿湯麺」(五目タン麺)840円とあり、これらには小ライスが付いている。
ランチタイムメニューで気になったのはこのあたりで、一品料理メニューを見てみると、「四川麻婆豆腐」760円というのがかなり気になる。
しかしこれのセットメニューは載っていないようだった。
結局、今回は「担々麺」を注文した。

tenka01.jpg

オーソドックスなものかと思ったら、意外と特徴的。
スープにかなり酸味を感じた。
麺は細麺で、肉味噌は甘くて濃厚。
ラー油のピリピリした辛さと、スープの酸味が印象に残った。

駅も近いし、美味しい中華料理をつまみながら、お酒を飲むのに良さそうなお店だった。


彩食酒家 天香
福岡市東区香椎6丁目1−30
posted by てつやん at 10:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 担担麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月22日

五福:汁なし担担麺

いよいよ夏真っ盛り。
季節限定、冷たい麺が美味しい季節である。

妻が冷たい担担麺を食べたいとのこと。
何件か調べたが、結局去年も行った『中華菜館 五福』さんでランチすることにした。

妻が食べたいという、前回(去年)食べた「豆乳入冷担々麺」は今年もあるだろうか・・・
そう思いながら玄関をくぐると、案内板にそれらしきメニューを見つけてひと安心。
「豆漿担々麺」という名前(だったと思う)で890円。
去年と同じ値段である。
すぐさま妻はこちらに決定。
自分はというと、去年と同じ「麻婆丼」でもよかったが、「汁なし担々麺セット」1250円というのがあり、こちらに興味をひかれ、注文することにした。

こちらが「汁なし担々麺セット」↓。ご飯またはお粥とサラダ、シャーベット付きである(今回はお粥で)。

gohukuo5.jpg

甘辛さが最高でうまい!
香辛料の辛味と風味がとても効いている。
くちびるが痺れるような辛さが残るが、食べづらくはなくて、食が進む。
具も多く入っているので、タレと具を細麺にたっぷり絡めて食べることが出来る。
(それでも最後には少し具が残った)
最後まで本当に美味しく食べることが出来た。

また、お粥もスープのだしが効いて美味しかったし、シャーベットは濃厚なマンゴーのシャーベットで少量ながら満足だった。

それからこちらが「豆漿担々麺」↓。

gohuku04.jpg

濃厚で、マイルド。
妻も「替玉がしたい位」と言っていて、満足した様子。

やはりちょっと高いけど、味には納得のランチであった。


中華菜館 五福
福岡市西区福重3丁目37−5
営業 11:00〜22:00(ランチタイム11:00から14:00)
posted by てつやん at 12:49| Comment(4) | TrackBack(0) | 担担麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月17日

東方飯店:炸醤麺

日向峠〜四箇田方面に回り道することがあったので、早良区田村にある『東方飯店』さんに寄ってみた。
2度目の訪問である。

前回も麺だったが、この日も麺類が食べたい気分。
そういえば、「炸醤麺」がメニューにあったのを思い出した。

店内に入り、一応他の麺類を見てみると、前回食べた「坦々麺」のほか、「皿うどん」530円、「チャンポン」530円がある。
それから、「ピリリと辛く酸っぱいあんかけ麺」と説明がある「酸辣麺」580円というのも気になる麺である。
また、壁に「中華牛肉麺」600円と貼ってあるメニューもある。
しかしながら、今回は「炸醤麺」680円を注文した。

touhou02.jpg

なんだか、味噌だれが少ない気がする。
このたれには具材として炒りタマゴが入っているが、味はかなり濃い。
味噌の塩辛さがそのまま入っている感じだ。
これだけ濃いから、この量なのかなとも思ったが、正直もっと量が欲しい。
具材は他にきゅうり、にんじん、ねぎ。
麺はやや平たい中麺で、のどごしはよく、量も充分だった。

「日替わり定食」(内容次第で)や他の麺類も気になるので、次回はこれらを試してみよう。


東方飯店
福岡市早良区田村7−17−3
営業 11:00〜23:00
posted by てつやん at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 炸醤麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。