2008年07月11日

直家:麻婆丼

通りがかりに気になるお店を見つけた。
東区名島にある『直家』というお店だ。
民家を改装したような店構えで、雰囲気がいい。
インターネットで調べると、それほど値段も高くないことがわかったので、早速行ってみた。

店内には全て木製のテーブルや座席が配置されていて、カウンター席と掘りごたつ式の座敷席がある。
メニューには、まず「日替わり定食」700円や、「日替わり麺飯セット」700円があり、その他定食では「麻婆豆腐」680円や、「酢豚」730円、「八宝菜」800円、「エビチリ」800円とある。
また、麺・丼物では「チャンポン」650円、「やわ麺皿うどん」650円、「担々麺」700円、「マーボー丼」650円などがあって、どれにしようか迷う。
やはり麻婆が食べてみたかったので、今回は「マーボー丼」を注文してみた。

naoya01.jpg

見た目としては大当たり!
漂ってくる山椒の香りが期待感を高める。
そして、食べてみると、肉の旨みや豆腐の存在感もしっかり感じて、期待通りの麻婆丼だった。
山椒は入っているが、控えめな辛さで、甘さが強い。
食べやすくて、とても美味しく食べられた。
量が比較的少なめだったので、もっと食べたいと思った。

コクとウマ味があるスープも美味しく、どのメニューも期待が持てそうだったので、是非また伺いたい。


直家
福岡市東区名島2丁目31−8
営業 11:30〜14:00/18:00〜24:00(オーダーストップ)
   日曜日は22:00(オーダーストップ)まで
定休日 火曜日
posted by てつやん at 14:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 麻婆丼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月08日

食遊記:炸醤麺

行こうと思った店が、時間前なのに「closed」。
お客さんがいっぱいだったから、そのせいかもと諦め、またしばらく車を走らす。
14時過ぎ、開いている店を確認。
前に一度来た、『食遊記』さんで昼食をとることにした。

「皿うどん」620円、「絶品タンタン麺」683円といった麺類の中で、何にしようか迷ったが、この日の気分で「ジャジャ麺」788円を頼んだ。

syokuyuki02.jpg

陶器の皿にきれいに盛り付けられた「ジャジャ麺」。
キュウリや白髪ねぎがのり、かなり食欲をそそられる。
たれの中に肉は見当たらないが、甘辛くて美味しい。
細麺は量も充分で、たれがよく絡んで美味しく食べられた。
他の麺よりも高かったが、また食べたいと思える炸醤麺であった。


中国酒菜麺房 食遊記
福岡市中央区大手門3−7−6
営業 11:00〜15:00/17:30〜23:00(LO22:30)
posted by てつやん at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 炸醤麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月02日

中華 みち:担担麺

今回の昼食は、福岡市東区千早の都市高速下にある中華屋さん、『中華 みち』さんで。

店内は2〜4人掛けのテーブル席とカウンター席。
テーブル席に座り、メニューを確認した。

定食類が数種類。
「酢豚定食」850円、「八宝菜定食」850円など。
麺類、丼物は650円が多い。
「皿うどん」「ちゃんぽん」「担々麺」「中華丼」「炒飯」は皆650円だ。
「麻婆豆腐」「麻婆丼」はない様子。
一品料理のところにも載っていなかった。
「皿うどん」か「担々麺」か迷ったが、今回は「担々麺」を注文した。

michi01.jpg

見た目のインパクトはなかなかである。
もやしが山盛りにのっている。
キクラゲも多い。
肉味噌は入ってなくて、その代わりに細切りのチャーシューがのっている。
その下に、ツルツル、シコシコした、やや細めの角ばった麺がある。
サッパリめで、辛いスープはやはり担担麺という感じがする。
一般的なイメージの担担麺ではないが、これはこれで面白い。
麺と同じくらいあるんじゃないかと思える量のもやしが印象的だった。


中華 みち
福岡市東区千早1丁目8−8
営業 11:30〜15:00/17:00〜21:00
posted by てつやん at 13:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 担担麺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月26日

中華 福福:麻婆豆腐

久しぶりに南区清水にある『中華 福福』さんで昼食。
前回は風邪をひいていて、体調がイマイチの状態だったが、今回は大丈夫。
美味しく麻婆豆腐を食べたいところである。

お店に入ると、笑顔で「いらっしゃいませー!」の声。
マニュアル式でなく、極めて自然な応対にあたたかさを感じる。

前回と同じ席に座り、ひとまずメニューを見る。
麻婆豆腐の定食があることは前に知っていたが、「酢豚定食」750円や「エビマヨ定食」800円、「チンジャオロース定食」900円などもある。
また、この日の「日替わりランチ」600円は「カニ玉」だった。
入店前から決めていたので、迷わず「マーボ豆腐定食」680円を注文した。

fukufuku03.jpg

食べてすぐ美味しいと思える麻婆豆腐である。
玉ねぎが少し入っていて、食べやすくしている感じ。
控えめにショウガの香りもある。
山椒もふりかけてあるが、辛さは気にならず、心地よい痺れ感が残る。
バランスのとれた味の麻婆豆腐で、もっとたくさん食べたかった。

小皿のバンバンジーやサラダも付いて、全体としてもバランスの良い定食だった。


中華 福福
福岡市南区清水1丁目7−30
営業 11:30〜15:00/18:00〜22:00
定休日 第1、第3日曜日
posted by てつやん at 11:27| Comment(4) | TrackBack(0) | 麻婆豆腐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月19日

CHANG:麻婆豆腐

以前、ダイナマイト豚骨さん他に教えていただいた、『CHANG(ちゃん)』というお店に行ってみた。
場所は、南区野間。大池通り沿いのマンションの1階にあるが、あまり目立たず、発見しづらい。
台湾飯店』さんや、『花の木』さんのすぐ近くでもある。

店内は、カウンター10席にテーブルが2つ。
奥には大きな円卓が1つあった。
カウンターに座ると、お昼のメニューが立ててある。
「エビチリセット」800円に、「マーボー豆腐セット」700円。
このセットには、ライス、スープとデザートが付いているそうだ。
また、「担々麺」600円も気になるが、これには小ライスまたはデザートがつく。
メニューの写真は写りがあまりよくないが、「マーボー豆腐」が美味しそうに思われ、「マーボー豆腐セット」を注文することにした。

chang01.jpg

実際、マーボー豆腐が来て見ると、華やかな感じで、期待が膨らむ。
食べてみると、始めはもう少しコクが欲しいと思ったが、食べ進むとそうは思わなくなり、ジワジワと美味しさを感じてきた。
食べ終わると、「ハァー、美味しかった!」と実に幸せな気分になった。
辛さはあまり強くない。
肉がたくさん入っていて、その旨みを味わえるのがいい。
入っている食材、調味料はどれも強く主張しないが、結果としてバランスがとれているといった印象であった。
量も多めで、美味しい麻婆豆腐を満喫することが出来た。


CHANG(ちゃん)ホームページ
福岡県福岡市南区野間4丁目1−35グリーンマンション野間1F
営業 平日・土曜 11:30〜13:30/18:00〜23:00
    日曜・祝日 18:00〜23:00
定休日 月曜日
posted by てつやん at 12:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 麻婆豆腐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月13日

味六飯店:麻婆丼

梅雨入りしたけれども、晴れの天気。
蒸し暑くもなく、気持ちのいい天気である。
そんな中、車で城南区へ。
福大・大池通り沿いのお店、『味六飯店』で昼食をとることにした。

今日は定食を食べようかと思ったが、思ったより高い。
「マーボトーフ定食」は860円。
「酢豚定食」も860円。
「ホイコーロー」や「八宝菜」の定食なら、910円である。
「マーボ丼」にすれば、760円ですむ。
麺類に目を向けると、「マーボ味チャンポン」の文字が・・・。
680円で、どんなものか、かなり気になったが、やはり「マーボ丼」を注文することにした。

miroku01.jpg

かなりドロッとした麻婆豆腐がかかっている。
そして、グリーンピースと福神漬が添えられている。
茶色に近い色の見た目通り、甘めの麻婆豆腐だ。
しかし、甜面醤の風味はあまり感じない。
豆板醤に山椒も少々入っているようで、少しは辛いが、甘味のほうが断然強い。
いかにも街の大衆中華屋さんの麻婆豆腐といった印象だった。


味六飯店
福岡県福岡市城南区干隈2丁目7−21
営業 11:00〜21:00
定休日 月曜日
posted by てつやん at 14:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 麻婆丼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月10日

福楼:皿うどん

ほぼ1年ぶりに訪れたのは、県庁近くにある『福楼』さん。
以前は、わかりにくくて、通り過ぎてしまいそうなお店に思われたが、今回訪れてみると、お店の前に大きなメニューが張られ、かなりわかりやすくなっていた。

中に入ってみると、メニューも内装もあまり変わらないようだ。
前回食べた、「麻婆豆腐」も前と同じ、お得な350円のままで、嬉しい。
さて、何を食べようかと思ったが、店前の大きなメニューに書いてあった、「皿うどん」を注文してみた。
しかし、しっかりと確認せずに注文したので、どんな皿うどんか、価格はいくらか、この時点ではわからなかった。

そして、出来てきたのが、この「皿うどん」↓。

fukurou03.jpg

彩り鮮やかな皿うどんである。
しかしながら、見た目には素朴さも感じさせる。
肉類は入ってないようだが、キャベツ、にんじん等の野菜や、海老、貝柱、あさり等の海産物が入っている。
だからか、独特の風味があるが、なかなか美味しかった。

食べ終わって、勘定すると、480円であった。
これは、皿うどんとしては、かなり安い部類だろう。
店を出て、大きなメニューを再度確認すると、「海鮮(野菜)皿うどん」となっていた。
なるほどの内容だった。


福楼
福岡市博多区千代4丁目29−51
営業 11:00〜22:00
posted by てつやん at 11:16| Comment(4) | TrackBack(0) | 皿うどん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月03日

西苑:麻婆豆腐

普段、自家用車で通勤している身としては、今月のガソリン値上げは相当こたえた。
車のほうが便利なんだが、背に腹はかえられない。
最早、電車通勤の方が安上がりである。
しかし、そうなると中華料理店巡りにも影響が・・・

今回は早良区西新の『西苑』さんで昼食。
明治通り沿いにあるので、その存在は知っていたが、初めて行ってみた。

お店の裏側に駐車場があるとのことなので、そちらに駐車。
お店に入ると、カウンターと座敷席があった。
座敷席に座り、メニューを確認した。

定食は「マーボ豆腐定食」750円、「酢豚定食」750円、「ニラレバ定食」750円などがある。
そして、麺類は「皿うどん」500円、「じゃじゃ麺」550円、「チャンポン」500円など。
丼物では、「中華飯」550円、「天津飯」550円などで、「マーボ丼」はない様子。
今回は、「マーボ豆腐定食」を注文した。

seien01.jpg

豆腐の量が結構多い。
しかし、豆腐からの水分のせいだろうか、ドロっとしたところと、サラっとしたところがあり、全体的に味が薄い。
あまり辛くはないが、かといって甘味が強いわけでもない。
生姜が入っていて、その風味が効いている。
基本的な味は悪くないのだが、味が薄いのが残念だった。

次の狙い目は、「皿うどん」か「じゃじゃ麺」あたりにしてみよう。


西苑
福岡市早良区西新7丁目1−1
営業 11:30〜22:00(日祝は21:00まで)
定休日 火曜日
posted by てつやん at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 麻婆豆腐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月29日

巧福:麻婆豆腐

大橋へと寄り道。
チャイニーズキッチンCHINA』さんで昼食をと思ったが、残念ながらお休みの様子。
近くでお店を探すと、大橋交差点のところに、山東料理の店、『巧福』さんを見つけた。
外の案内では、「日替わりランチ」もあり、この日は「麻婆豆腐」とのこと。
こちらで昼食をとることにした。

「日替わりランチ」630円は、2種あり、「麻婆豆腐」のほかに「青椒肉絲」であった。
あと、丼物なら「麻婆丼」が500円。
麺類は、「炸醤麺」500円、「焼ビーフン」550円など。
定食のメニューは豊富で、「麻婆茄子」650円、「回鍋肉」650円、「酢豚」700円などがあった。
今回は、「日替わりランチ」の「麻婆豆腐」を選択。

kouhuku01.jpg

「麻婆豆腐」はピーマンが入っているせいか、見た目に賑やかだ。
よく見ると、その他にタケノコや椎茸も入っている。
その量は、メインのおかずとして、十分な量だ。
食べると、ピリッと辛く、ビリビリ痺れる。
しかし、全然過度な辛さではなく、甘味も感じる。
あっさりしているが、豊かな味。
まさに山東料理店の麻婆豆腐といった印象だった。
全体のボリュームも満足なランチだった。


巧福
福岡市南区大橋2丁目14−16
posted by てつやん at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 麻婆豆腐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月26日

珍萬21:皿うどん

久しぶりに皿うどんが食べたくなった。
大衆中華料理店なら、まず置いている可能性は高い気がする。
というわけで、今回は中央区港にあるお店『珍萬21』さんに行ってみた。

お店はかなり小さく、カウンターと、奥にテーブル席が一つある。
カウンター席に座り、メニューを確認。
「皿うどん」があってひと安心(520円)。
その他、麺類なら、「炸醤麺」560円、「ビーフン」650円など。
定食は「マーボ豆腐」680円、「酢豚」830円、「八宝菜」830円などがある。
予定通り「皿うどん」を注文した。

tinman01.jpg

見た目はまさに食べたかった皿うどんである。
量は標準的で、豚肉やキャベツが入った、オーソドックスな皿うどんだ。
味はややあっさりめか。
一気に食べ終え、皿うどんを食べたい気持ちを満たすことができた。

店員さんの対応も、何気に気持ち良く、感じの良いお店であった。
この辺りはよく通るので、また立ち寄ることにしよう。


珍萬21
福岡市中央区港2丁目10−10
営業 11:30〜22:00
定休日 水曜日
posted by てつやん at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 皿うどん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。